好きなだけでつながることって楽しいしおもしろい!

d0339885_12574884.jpg
私は人と出会う時に
「この人といたら楽しそう!」
「もっと話したい!」
そういうところでつながりたくなる。

なので結果的に、全然仕事とは関係ない友達が多い。

今回の千年陶画プロジェクトイベントに来てくれたメンバーも、
「初めての個展にフラリと立ち寄ってくれた」とか
「友達だけど年に一度ぐらい飲み会で会ってるだけ」とか
「東京に出て来てすぐに友達の友達のパーティで気が合った」とか
「家を借りたとき知り合った不動産屋さん」とか
「英会話学校で偶然近所に住んでた人」とか
「たまたま入った器屋さんのオーナー」とか
「Twitterでなんとなく気が合った」とか、
「別のパーティで知り合ったばかりで会うのは二度目」とか。

だから、イベント中に
「どういうお知り合いなんですか?」って聞かれて初めて、
その人の職業も経歴も年齢も時には性別すら知らなかったりして、
でもそういうの考えたこともなかった自分にびっくりしたり。

だって好きなだけでつながっているから。

でも、私はそういうところは自分のいいところだなあと思うのだ。
この人といると得するとか損するとか考えたことない。

そして自分の好きな人たちがつながっていくのが好きなので、
こういうイベントまたやりたいなあ~と妄想中。
<< 今からラジオ収録 夫が作った晩御飯:北京ダック風 >>