解禁バンザーイ!生きた越前ガニを料理(友達が)&セイコガニに目覚めた夜

d0339885_12580512.jpg

解禁したばかり(11/6)の越前ガニを堪能~。

まだ敦賀に滞在中の私を
東京から友人夫婦が訪ねて来てくれた。

で、地元の友人に「越前ガニ」どこかで手に入れて来てーとお願い。
(スーパーマーケットでは売ってないのだ)

そしたらなんと越前かにまつりで、
生きた越前ガニを買って来てくれた。

蟹の爪には、堂々とした「越前蟹」の黄色いタグ付き。
d0339885_12580549.jpg

おー、さすが地元の人は蟹も料理できるのねって思ったら
「できないよ。漁師さんにやり方教えてもらった。」だって。

東京から来た友人は、私がお料理できないのを知ってるので
エプロン持参。
しかしさすがに、蟹を茹でたことはない。

まずは蟹が動かなくなるまで流水につける。

簡単なようで塩加減と湯で加減が命らしく
みんなでネットで調べて、水や塩の分量もしっかり計った。
d0339885_12580544.jpg

今年初の越前ガニ、うまーい!
しっとり&ほんのり塩加減絶妙!!

そして友人たちは、セイコガニ食べたことないっていうので
こちらはすでに茹でてあるのを買って来た。
d0339885_12580538.jpg

一杯500円程度でスーパーマーケットで山盛りで売られている。
だから、たいしておいしくないのかな、なんて思っていたのだけれど
これがまた、おいしい!
内子という、濃いオレンジのプチプチした食感と
濃厚なみそ。

ここは越前ガニよりも好きかも。

聞くと、こちらは二ヶ月ちょっとしか出回らないし
福井県民はセイコガニのほうが好きらしい。
おやつに食べるんだって。

その、豪快な食べ方もしっかり教わって来たよ。

「でもこれは正式な食べ方じゃないから
東京ではやらないほうがいいよ」って言ってたけど
東京でセイコガニが姿のままで出てくることないからっ。

すっかりセイコガニファンになったのだった。
<< kindle版も出たよ:「古事... 朝6時 >>