二十四節気では「霜降」:ひかりの暦(文:石井ゆかり 絵:松尾たいこ)より

d0339885_12582715.jpg

10/23頃からは、二十四節気では「霜降」。

秋も深まる頃。

しも、はじめてふる
(霜始めて降る)

こさめ、ときどきふる
(霎時施る)

かえでつた、きなり
(楓蔦黄なり)

ひかりの暦(小学館)
文:石井ゆかり
絵:松尾たいこ


「霜降」で石井ゆかりさんが書いたエッセイは
「人生の紅葉」

紅葉って、「どういうメカニズムで起こるか」はわかっているけれど
「なんのために、どういう目的で紅葉するのか」は解明されていないんだって。

へええー。

でも、目的なんて考えた事無かったなあ。

この中で触れられているガルシア・マルケスの「族長の秋」読んでないので
今度読もうっと。

好評発売中↓
<< 蟹の茶碗蒸し 夜の二匹 >>