二十四節気では「寒露」:ひかりの暦(文:石井ゆかり 絵:松尾たいこ)より

d0339885_12583076.jpg

10/8頃からは、二十四節気では「寒露」。
(また紹介遅れちゃった・・・)

めっきり秋らしくなりました。

かり、きたる
(鴻雁来たる)

きっか、ひらく
(菊花開く)

きりぎりす、とにあり
(蟋蟀戸にあり)

ひかりの暦(小学館)
文:石井ゆかり
絵:松尾たいこ


「寒露」で石井ゆかりさんが書いたエッセイは
「五感の記憶」

子供の時の想像の五感。
音を色で、味を音で感じる人、
美しいものを見ると哀しい感情を感じる人。

五感ってそれぞれなのだなあとつくづく思う。
<< 夫が作ったブランチ:イベリコ豚... 着物でお出かけ >>