明日9/18発売!夫(佐々木俊尚)の新刊は写真&レシピたっぷりお料理本「新・家めしスタイル」

d0339885_12585763.jpg
(ブログで紹介して反響の大きかった
べちゃべちゃしない焼きそばも載ってます)

夫の新刊
「いつもの献立がごちそうになる!
新・家めしスタイル」(マガジンハウス)


いよいよ、明日(9/18)発売です。

オールカラーで
お料理の写真とレシピたっぷり。

内容はこんな項目に分かれてます。

●違う味の組み合わせで献立を発想する。

食感・味付け・熱いものと冷たいものなどを組み合わせる提案。
濃い味や辛い味、または醤油味ばかりだとすぐに飽きちゃうので。
毎食、辛い・酸っぱいなど、工夫しているみたい。
d0339885_12585797.jpg


●我が家の人気メニュー、伝えたいコツのコツ。

特に天ぷらのコツはオススメ。
べちゃべちゃの天ぷらって苦手~。

●1つの素材から7種の味の料理を作る。

茄子を使った7皿とか。
私は焼きなす汁が好き。
d0339885_12585767.jpg


●すぐできるドレッシングで、サラダを献立の主役に。

我が家は一切市販のドレッシングを使いません。
先日も「これ何の味?」って聞いたら「フレンチドレッシング」と答えるので
「市販の?」って聞いたら「いつも塩と酢とオリーブオイルで作ってるでしょ」と
言われてしまった。
セビーチェは、お客さんに出す事も多い。

●オリーブ油とたかのつめとにんにくで万能、ペペロンチーノ。

パスタだけでなく、簡単でいろんな料理に応用できるんだって。
d0339885_12585883.jpg

●野菜だけで立派な1品。素材の味をたっぷり堪能。

夫のおかげで毎日野菜をたっぷり取ってます。

●簡単に作れて食べごたえ十分。スープは立派なおかず。

大豆スープと冷や汁が特に好き。
ぜひ作ってみてね!

●家で食べる麺の楽しみは、自家製のつゆにあり。

出来立てのつゆは香りも高い。
朝、台所からこの香りがしてくると嬉しくなります。

●季節感あふれる果物を食卓に。未知の味わいは、お酒にも合う。

モッツアレラはよくフルーツと合わせてお料理に使いますね。
ここに載ってる「生パイナップルの酢豚」のおかげで
苦手だった酢豚も好きになりました。


その他、コラムやエプロンメモまでと至れり尽くせりですー。

どのお料理も材料は2~3種類。
調味料もどこの家庭にもあるものがほとんど。

あとは、いくつかのコツを知るだけで
絶対おいしい料理に仕上がるはず。

作ってない私が言うのも変ですけど。

だけど、この本に載っているお料理はどれも何度も食べていて
本当に美味しいので、全部作ってほしいです。

この本を読んで、つくづく
「私って毎日おいしいものを食べてるのねえ」って思いました。

夫がキッチンスタジオにこもって作った料理の数々は、
調理・盛りつけは全て夫が担当。

お皿などのスタイリング&写真はプロの方なので、
前作よりも断然きれいで見やすいですよ。

でも我が家のお皿もいくつか登場。
出西窯や谷中の韋駄天で買ったものです。

あっ、コラムには今年2月にハワイにいって
キッチン付きのホテルで食事を作っている様子なども載っています。
(私が撮った写真付き。)

また、日々の夫ごはんは、
写真付きで松尾たいこfacebookファンページで紹介してますのでぜひ♪
作り方や調味料など気になったら聞いて下さいね。

アマゾンではもう購入できるみたい。
(明日届くのかな?)
<< 国立代々木競技場 新刊の初取材 >>