二十四節気では「芒種」:ひかりの暦(文:石井ゆかり 絵:松尾たいこ)より

d0339885_13001904.jpg

うっかりしてた。

6/6頃からは、二十四節気では「芒種」。

かまきり、しょうず
(蟷螂生ず)

ふそう、ほたるとなる
(腐草蛍と為る)

うめのみ、きばむ
(梅子黄ばむ)

ひかりの暦(小学館)
文:石井ゆかり
絵:松尾たいこ


「芒種」で石井ゆかりさんが書いたエッセイは
「紫陽花(あじさい)の愛」

江戸時代に日本を訪れたシーボルトが紫陽花につけた名前の事、
そこから連想される「蝶々夫人」のエピソード。

紫陽花の青は、いつか来る青空に憧れる、
愛を待つ者の心の色だ。

ロマンチックだなあ~。
<< 夫が作ったブランチ:わさびめし 夫が作った晩御飯:お好み焼き風 >>