自然のままに生きた布袋さん

d0339885_13015912.jpg
今日、布袋さんを描きました。

七福神のひとりでお腹がでっぷりした人というイメージしかなかったけれど。

中国で、日本の古墳時代ぐらい古い頃の人。
とにかく自然体で、生きていたらしい。

彼にまつわる禅語は、調べたらこんな感じ。

「無一物」
何もないこと。何も持っていないこと。むいちもつ。

「行雲流水」
空行く雲や流れる水のように、
深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動するたとえ。
また、一定の形をもたず、自然に移り変わってよどみがないことのたとえ。


私がなんで布袋さんを描いてるかっていうことは
また今度ねっ!
<< 浅間山を眺めながらモチモチピザ... 夫が作った晩御飯:ブリの照り焼き >>