5分間の書評対決、私の映像観れます:原宿ブックカフェ「ビブリオバトル」(なくしたものたちの国)

d0339885_13030325.png

昨日(12/28)、BSフジ「原宿ブックカフェ」の放映終わりました。

5分間の書評対決、「ビブリオバトル」観ていただけたでしょうか?
そういう私も、じつは軽井沢に滞在中で観れなかったのですけど・・・。

でもさっそくサイトに書評対決の様子がアップされています。
スタートからラストまで、5分間のプレゼンテーションがバッチリと。

うーん、顔がこわばってるワー。
緊張しまくりの5分間です。

●この本の成り立ち
●ストーリー
●どういうところが好きか

一生懸命、本の魅力についてしゃべってますので
ぜひ観て下さいませ。

紹介した本は
「なくしたものたちの国」(集英社文庫)
著:角田光代
絵:松尾たいこ

もう、大好きで読むたびに泣いちゃう本なので
たくさんの人に読んで欲しいと思って。

映像はこちらで観れます。
(画面の下のほうにこういう画面があります)↓
d0339885_13030365.png


5分間もピンで人前に出るのは、
社会人生活も含めて初めてで
本当に最後までしゃべれて自分的にはそれだけで満足。

やれば出来る、私。
顔こわばってるけど。
これもきっと場数だわっ。

そして対決の結果は、勝ちました!
やったー!!

「チャンプ本」になった「なくしたものたちの国」
年末年始の読書にいかがでしょうか?
<< きゃー!いくらちゃん、近づき過ぎ 菊千代、おねだりポーズ >>