表紙に噴水と鳥描いてます:王仁三郎歌集(著:出口王仁三郎 編:笹公人)太陽出版

d0339885_13031305.png


こちらは12/5に出版された本。

表紙に、噴水と鳥のイラストです。

王仁三郎歌集
著:出口王仁三郎 
編:笹公人
出版社:太陽出版

アマゾンより

生涯十五万首以上もの歌を詠んだといわれる「巨人」出口王仁三郎。
その膨大な作品の中から珠玉の三二八首を精選。
前田夕暮、尾上柴舟、尾山篤二郎、前川佐美雄らの王仁三郎評も収録。

◎この広き海にもなげきのあるものか磯辺に蟹のなきがら残れる

◎親猫をわすれたるらし吾が膝にこころおきなくねむる仔猫は

◎山も野も眼に入らぬ夜の旅は吾が若き日の恋に似しかな

◎包丁をぐさりとさせばほんのりと匂ふメロンの朝の楽しさ

◎ころころと背すぢつたひて首の辺に爆発したり風呂の湯の屁は

跋文・岡井隆


なかなかすてきな歌だなあ。
<< 夫が作ったブランチ:水菜のナムル風 クリスマスカード >>