超オススメ!私の大切な映画のひとつになった:映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」

d0339885_13081261.jpg

映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」

私が観たドキュメンタリー映画ではベスト3に入ると思う。
っていうか、他のをいま思いつかないけれど。

1960年代アメリカ デトロイトにある場末のバーで
歌うロドリゲス。
大物プロデューサーに見いだされデビューするも
アルバムは予想に反して全く売れず
そのまま記憶にも残らず消えて行った。

だけど、実は反アパルトヘイトで盛り上がる南アフリカで人気を集め
20年の間にローリング・ストーンズに並ぶほどに!

しかし音楽が人気でも誰もロドリゲスを見た事がないし
「ステージで自殺した」という都市伝説も。

そしてロドリゲスがアルバムを出した後の人生(死の真相)を
追っていく事に・・・・。

そういうストーリー。


どうして南アフリカの若者たちの心に突き刺さったんだろう。
彼は何を歌いたかったんだろう。
彼は何のために歌ったんだろう。
彼はなぜその後、歌わなかったんだろう。

そういうことが、映画には描かれ
「ああ、そうだったのか」と思うのだけど
でも本当の彼の心の中には入れないというか
「でも、わからない」と思うことも多くって。

ただただ観終わった後、感動で胸がいっぱいになって
「人生を丁寧に生きよう」そう思った。

そしてまさに「事実は小説よりも奇なり」!
これが作ったお話なら出来過ぎで嘘くさい感じだけど
事実だというのが本当に信じられないぐらい驚き。

ぜひyoutubeで予告編を見て、
それ以上の知識を入れないまま観に行ってね!

映画を観終わった後に、彼の歌声を聴くと
またグッと来るのだ。

ちょっと先、3/16(月)~ロードショー!
<< 夫が作った晩ご飯:塩豚の紹興酒鍋 肉球ドア >>