アロハシャツと着物の中間みたいだなあ@紅型 琉球王朝のいろとかたち(東京ミッドタウン)

d0339885_13474422.jpg
沖縄復帰40周年記念 紅型 琉球王朝のいろとかたち に行ってきた。

場所は東京ミッドタウン3Fのサントリー美術館

琉球王朝時代に生み出された紅型の衣装がドドーンと展示。

第二次世界大戦でかなりの資料や作品が失われちゃったけど
柳宗悦など戦前に紅型に魅せられた方々の蒐集した作品などのおかげで
戦後も紅型が復興できたそう。

着物の柄とはまた全然違う趣。

鮮やかな濃い黄色がやはり印象的。
柄もとても伸びやかで自由。

龍や鳳凰から、桃やコウモリまで。

涼しげな朝素材にパキッとカラフルな楽しい柄。
でも藍色の地に黒などでシックに菖蒲を描いてるものもあったり。

なんだかハワイのアロハシャツを思い出した。

そしてすばらしい色と柄に、制作意欲がムクムクと湧いてくるー。

かなりの混雑が残念だったけど。
ゆっくり静かに観たかったなあー。

朝早めか終了間際の時間がいいのかもねえ。
7/22まで
<< ポリーニ バブルソール:オレン... 夫の作ったブランチ:盛岡冷麺 >>