救急車を呼ぶ前にこの3つは知っておこう

d0339885_13481216.jpg
生まれて初めて救急車を呼んだ。

朝、夫が急にもがき苦しみだし30分経っても容体が変わらず。
悩んで友達に電話。(共通の知人が救急病院の医師なのでそこに行こうかと)
容体を聞いた友達は「救急車を呼んだほうがいい」と即答。

腹痛ぐらいで救急車を呼んでもいいのかなと不安を抱きつつも119番に電話。
「消防ですか?救急ですか?」と聞かれ、
一瞬わけがわからず「間違えました」と電話を切る。

「消防署に電話してしまったあ!」と、震える手でネット検索「救急車 番号」。
やはり119番なのか。(冷静に考えればそうだよね)
再度電話し、住所と容体を伝える。

5分もしないぐらいで到着したのは消防車。
「ああっやっぱり間違ってしまった!」と思ったら
救急車が到着するまでの時間に消防隊員が手当をしてくれるのね。
名前や年齢、容体など説明してる間に、救急車も到着。

救急病院でCTスキャンなどあらゆる検査したけど原因わからず。
(医師は、緊急手術を要する病気も想定し、かなり綿密な検査をして下さった)
検査結果の数値は全て平常。
数時間後には痛みもほぼ無くなったけど、様子を見るため週末入院してもらった。
結果的には、痛みの原因はわからなかったけどすっかり回復、ひと安心。

そして自分の反省も踏まえて、救急車を呼ぶ前に
これだけはしておいたほうがいいよというのを書くね。

1.どういう時に救急車を呼ぶべきかを知っておく

救急車マニュアルには「救急車を呼んでほしい症状」などまとめてある。
でもPDF・・・サイトでも見られるようにしておいて欲しい。
そうしたら外出先でもスマホなどでもすぐにチェックできるし。

なのでどんな時に救急車を呼ぶべき?をオススメ。

救急車を呼ぶべきかどうか、判断がつかない場合は
救急相談センターに電話で相談しよう。

電話番号は#7119

2.保険証,薬などの置き場所を把握しておく

救急車に乗る時に、保険証・いつも飲んでる薬・診察券など必要。
日頃、夫が自分で管理してるので、あわてて探しちゃった。

3.持病,病歴やかかった病院、かかりつけの病院などをリストにしておく

2と3については、苦しんでる夫に
「病名なんだったっけ?」「どこの病院だっけ?」「保険証はどこ?」
と質問攻めにしないと、なにも進まなかった・・・。

この反省を踏まえて
Dropboxなど共有できる場所に、
お互いの今までの病名,手術した時期や病院,飲んでる薬の名前などリストを作る事にしたのだ。

いやあ、本当に知らない事って多いねえ。
反対に、上の3つさえちゃんとしてれば、ほぼ慌てないと思うのだ。

それにしても消防隊員も救急隊員もテキパキしてて感じよかったなー。
本当にありがとうございました!

写真は、病室からの景色。東京タワーも見えたよ。
<< 私の初エッセイの表紙、みなさん... 奈良の桜と大きな石と夕陽:吉野... >>