君は広島太郎を知っているか?

d0339885_13482823.jpg

記憶の中の広島太郎。赤を基調にした装いだった気がする。
ごめん、すごく曖昧で。

少なくとも私が高校生の頃から、存在。

私が通う国泰寺高校は、広島の中心地にあって
毎日のように本通り(広島のメインストリートね)を通っていた。

そこにはいろんな荷物を満載したリヤカーを引く、ゴッテリした衣装の広島太郎。

ホームレス・・・なのかな。

長い黒髪をなびかせて、少しいつも微笑んでいた。

だいたいファッションは、ぬいぐるみを組み合わせたようなものだった気がする。
子猫をたくさん携えてる時もあったし、
光ってるものを組み合わせていた事もあった。

きゃりーぱみゅぱみゅっぽいと言えば、そうなのかも。
レディーガガっぽいと言えば、そうなのかも。

道ゆく人は、広島太郎に別に罵声を浴びせたりもしないし
嫌な顔もしなかった。

特別な思いがあるわけでもないけれど、
ああ、太郎が今日もいるなあって感じだった。

でも私は広島太郎っていったいどういう人なのか知らないの。

一説には、元デザイナーで失恋を機に放浪するようになったとか
実はちゃんと毎日アパートに帰っているとか
夜に流川(広島の繁華街)で自分のサインを売って生計を立てているとか。

いずれにしても一般の人に迷惑をかけている姿は見た事がなかった。

そして、この十数年は年に一度ぐらいしか広島に戻ってない私が
三回に一度ぐらい見かけてたのかなあ。

最後に見かけたのはいつだったのだろう。

そして広島に戻った個展前日。

八昌でお好み焼きを食べた後、その美味しさに興奮したままの
東京チームとブラブラ。

横断歩道の向こう側(天満屋の裏辺りかな)に、
うずくまるシルエットは「広島太郎」。
でもとても小さくなっていて、髪の毛も短く見えて、
「違うのかな?どうなのかな?」
確信が持てないまま、すれ違ったのだけど。

ホテルスタッフよると、やっぱりあれは広島太郎だったみたい。
元気だったのは嬉しい。

なんか都築響一の本の被写体になったらしいと聞き、探しちゃった。
HEAVEN 都築響一と巡る社会の窓から見たニッポン
のキービジュアルになってたんだ!


ってことで、3/27まで広島での個展開催中
Taiko Matsuo _ Layered
<< 個展開催中のギャラリーの横:レ... やっぱりお好み焼きは八昌が一番... >>