韋駄天、10周年おめでとう!

大好きな器屋さん、谷中にある韋駄天がなんと10周年を迎えたのだ。
d0339885_13483335.jpg
(店主の福田房江さんを囲んで)

そしてそのパーティーへ。
d0339885_13483327.jpg

時々、ここで行われる喰切会で腕を振るって下さる鈴木板長の
美味しいお料理がずらりと並び
すてきなお花が届き
多彩なお客様で大賑わい。
d0339885_13483354.jpg

私も大ファンの陶芸家、高橋春夫さんのスピーチが
とても印象的だったなあ。

「福田さんと最初に会った時、
この人はちゃんとお店をやっていけるんだろうか大丈夫かなあと思った。」
たしかに、福田さんってポワンとしてて、商売上手に見えないものね。

「でも出来上がった器を見る時の目は、普段の彼女とは全く違う。」
そうなのか、だからお店に行くといつも欲しいなと思うものがズラリと並んでるのね。

「いろんなお店と取引してるけど、だいたいのお店は5年ぐらいで締めちゃう。
だから10年ってすごい。」
器屋さんに限らず、いいなあって思ったお店でもいつの間にかクローズってよくある。
お店を続けていく事って、本当に大変な事なんだと思う。

私はフリーランスでイラストレーターをやってて店舗も持たず仕入れなども無く
お気楽な立場だけれど、それでも時々息切れしそうになるもんねえ。

本当にすごいなあ。
そして、そういう先輩がいると、私も後に続くぞ!って思うのだった。

福田さん、ぜひあと20年は続けてね!


★3/1~広島で個展やりますTaiko Matsuo _ Layered

★私のTwittertaikomatsuo
<< ギャラリーみたい:無印良品のリ... 仕事道具に求めているのはたった... >>