表紙カバーイラスト描きました:戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち(著:渡辺考)NHK出版

d0339885_12221385.jpg
この表紙すごく気に入っています。

戦場で書く 火野葦平と従軍作家たち

著:渡辺考
出版社:NHK出版
装幀:仁川範子

第二次大戦後、「戦争協力者」として激しい批判にさらされながら
自らの戦争責任と向き合い、
最終的に自死を遂げた火野葦平の内面を探った力作。

NHKスペシャル
「従軍作家たちの戦争」「ETV特集 戦場で書く〜作家 火野葦平の戦争〜」
を製作したディレクターの渡辺さんが取材記をまとめたものです。
d0339885_12442550.jpg
戦場で芥川賞を受賞した火野葦平は一躍時の人となり
「麦と兵隊」など大ヒット。
軍のメディア戦略や従軍作家たちの戦中戦後の軌跡を描いたこの作品からは
その時代の空気感が伝わってきます。
簡単に善悪を決められないけれど、時代がそうさせた部分もあり
難しいけれど、知ることは大切だと思いました。

表紙には、戦場のフィリピンのジャングルで合間にメモをとる火野葦平をシルエットで描きました。
d0339885_12444171.jpg
辛い時でも疲れている時でも
夕焼けはきっと美しかっただろうと、そう考えながら描きました。

渡辺さんの本を担当するのはこれが二冊目です。
私のイラストのファンだということで依頼されてとても嬉しいです。

1冊目は
プロパガンダ・ラジオ: 日米電波戦争 幻の録音テープ




<< 表紙カバーイラスト描きました:... イラスト&フォトエッセイ 第8... >>