ハフィントンポスト取材記事2)東京、軽井沢、福井に暮らしながら。 イラストレーター松尾たいこさんに聞く、新たな創作と挑戦

d0339885_20180104.jpg
ハフィントンポスト、二回に渡って取材を受けた記事掲載。

後編は

東京、軽井沢、福井に暮らしながら。

イラストレーター松尾たいこさんに聞く、新たな創作と挑戦


目標を立てるのが好きなんです。

「いつかいいものを作ろう」じゃなくて、目標を決めてまずはそこに向かって動く。

そのへんはちゃんとしたアーティストとは違うのかもしれない。

もちろん100点満点はいつも目指しますけど、目標の期間内に、

自分でOKと定めたラインにたどり着ければいいかな、って。


技術的にはまだ下手だし、陶芸家から見たら邪道なやり方をしてるかもしれない。

先月まではそのことに悩んでたのですけど、ふっと気付いたんです。

私、別に陶芸家になりたいわけじゃないんだって。

私は陶芸で自分の表現をしたいだけ。

だから「これ可愛いな。私だったら欲しいな」「ずっと触っていたいな」

と自分で感じられる作品ができたらOKなんですよ。


ぜひ読んでくださいね。



<< 個展の詳細です→12/11(金... 素直な気持ちです♪ハフィントン... >>