カテゴリ:日々つれづれ( 176 )

不思議な出会い。家を担ぎながら家を描いて旅する美術家:村上慧さん@敦賀

d0339885_12581376.jpg

数日前から、
制作活動のために福井県の敦賀に来ている。

犬(ケアンテリア いくら)と二人きり。

気持ちよく晴れた朝、いくらちゃんと海まで散歩。

いつもと違う道から帰ろうかしらと歩いていたら
寺からなにか物体をかぶった人が出てきた。

祭りの準備かな?でも気になるわ・・・。
追い抜かれて見ると、家の形をしていてドアも付いているっ!

普段、見知らぬ人に話しかけるタイプではない。

でも好奇心に駆られて追いかけ
「すみませーん、それなんですか?」
d0339885_12581331.jpg
(だってこんな人いると、気になるよね!)

聞くと東京から歩きながら南を目指す美術家さん。

一日に一枚、家の絵を描いてるんだって。

「えっ私も東京からで絵を描いてるんですよ♪
すぐそこの古民家をリノベーションした物件を借りて制作中。」

他人をすぐに家に招くタイプでは全くない。

でも「よかったら、見ていきませんか?」と誘ってた。
d0339885_12581419.jpg

東京から青森まで行って夏を過ごして
それから日本海側をずっと歩いて
福井ではおもしろい人にどんどん会って
もう二週間も福井にいるんだって。

そして歩く距離に限界があるから
聞いたこともないような田舎の町にたどり着き
場所を借りて
この発泡スチロールで作った家を置かせてもらい
その中で寝るのだそう。
ちゃんと窓もしまるの。

おもしろいこと考える人っているんだなー。

村上さんの活動はブログでも発信中。
http://satoshimurakami.net/about/

『移住を生活する 2014/4/7~』
↓(少し抜粋)
あの震災の時、
やっぱり僕たちはこのままじゃダメだったんだって思ったじゃないですか。//
自分の日常を変える勇気をもたないといけないと強く思いました。
でも人って慣れる生き物だから、
日常に対して自覚的でいつづけるってけっこう難しいと思うんですよ。
だから動きつづけることによって、
この自分の日常に対して新鮮な目でみつづけられるんじゃないかと思いました。


なんかね、毎日見知らぬ土地で
とりあえず重いお家を置いてくつろぎたいから
そこの持ち主と交渉して
そうすると今まで存在すら知らなかった町が同じ空間としてつながって
そこにコミュニケーションが生まれるんだって。

大変だけど素敵だね。


しかし、人よりもトンビが多いような寂しい場所で
こんな出会いがあるとはねえ。

道中、お気をつけてー。
d0339885_12581442.jpg
(手を振りながら去って行く村上さん)

私にも作れた♪クック井上さんのお料理DVD「ザックリ作ってるのに、かなり美味い。」

d0339885_12582942.jpg


お笑い芸人クック井上さんのお料理DVD

あいつの料理は手キトーに4、5分で
ザックリ作ってるのに、かなり美味い。」
(タイトル長いわ・・・)

本当に簡単そうなお料理が15食材30メニュー。
クックさんがコック姿でそれぞれのお料理を説明&調理するDVD。

すごーく簡単そうな
ラピュタパンを先日作ったところ
なんと焦がす&塩こしょう忘れたっ!という痛恨のミス。

その時の写真→目玉焼きラピュタパン

反応があったのは、周りの料理しなさそうな男性からだけ。
「これなら僕にも作れそう」
「学生時代にこんなの作ってた」
・・・微妙だ。

おまけに、私が作ってるのをみて作ったという
扶桑社の小林さん、私より断然美味しそうに作っている。

ラピュタパンをつくってみたはなし

なんか悔しいので、別のレシピを作ってみたよ。

鰹節の純和風ポテサラ
濃厚月見ディップタマネギの甘辛炒め


どっちも美味しく出来たー。
鰹節を使うというところが、かぶっちゃったけど。

食材が少なめで手順が簡単、揚げたりしなくていいのが私にぴったり。

調味料の量もお好みでよくって
でも、お醤油はフライパンに二周で大さじ一杯ぐらいとか
ジャガイモは茹でて、少し周りの皮が浮いて来たらオッケーで、
熱いうちなら皮もつるんと剥けるとか、すごい役立った!

夫がいないとき、またこの中からお料理しようっと。

新刊発売中です♪

やっぱり東京は楽しいわあ!って思った夜だった@江戸前船遊び

d0339885_12585389.jpg

日本舞踊家 花柳凜さんの美しい舞を眺める~。

着付けの先生に誘われて
きものkapuki主催の「江戸前船遊び」に行って来た。

場所は、勝どき。
ここから二時間のクルージングを楽しむの。

着物でも浴衣でも洋服でもご自由にってことだったけれど、
着付けのレッスンも8回で終了。
やはりここはその成果を見せなくっちゃねと奮闘。

浴衣を着物風に着て、半幅帯を付ける。
たったこれだけに1時間15分もかかっちゃったわ。

そして自分で着付けをして、公共の乗り物で出かけるのは初めて。
「途中で崩れたらどーしよー」とか
「すごい変で、人から笑われるかも」とか、いろいろ考えてしまって
これまではタクシー利用だったのだ。

さてさてお出かけ。

最初はどきどきしたけれど、着崩れる事も無く二度ほど電車を乗り換えて勝どきへ。
しかしナビタイム通りに出たけれど、着物と草履なので早く歩けずギリギリに到着~。

桟橋には、めちゃくちゃ自由な着こなしを楽しんでいる人々が集まっていた!
こんなに自由でいいんだー、楽しい~って感じ。

そして暑くも寒くもない絶好の気候の中、スタート。

デッキで、焼き鳥と升酒をお供に、
お台場や高層ビルの色とりどりのネオンが楽しめて
「やっぱり東京は好きだ!日本人って楽しい!」ってあらためて思った。
d0339885_12585377.jpg

壷振りのお姉さんが肩を出して「半か丁か!」ってやる賭博ゲームも楽しかった。
でもすぐ負けた。

この日、たくさんの人の自由な着物姿を見れたのと
知らない世界の人たちと出会えたのも着物の着付けを習ったおかげ。

もっとカジュアルな場にどんどん着物で出かけられるようになりたいな。
そして自分らしい着こなしが出来るようになりたいな。
まだちょっと真面目すぎる気がするので。

ただいま~東京♪10月末に新しい技法の作品をお披露目できるはずです♪

d0339885_12590203.jpg

ただいまー、東京。

軽井沢→福井と移動が続き
東京で過ごすのは16日ぶり。

今日はたまりにたまった雑務をゆっくり片付ける予定。

福井、なんと7月から、三度、19日間も訪れています。

目的は、友達が開いた工房での作品作り。
塗ったり焼いたりいろいろやってます。

福井市内のホテルに泊まり
朝9時~夕方18時ぐらいまで工房で作品作り。

新しい事は本当にワクワクするので
毎日あっという間なのですが、さすがに今回はホテル6泊で
飽きたし、疲れた・・・。

でも、そのかいあって
新しい技法で作った作品を10月末にお披露目できる予定に。

これからもちょくちょく福井に通う事になるなあ。
うう・・・がんばるっ!

というわけで、楽しみにしていて下さいね!

言葉を知らない人同士の会話

d0339885_12590424.jpg
(いくらちゃん、階段と一体化の術)

友達「マスコミに流すアレ」

私「リーク?」

友達「カタカナで長いやつ」

私「ジャーナリスト?」

友達「全然違う」

私「ロイター通信?」(自分でも謎の答え)

友達「どんどん離れていく・・・。」



友達「プレスリリースだっ!」

・・・わからんわっ!

4月から陶芸習っていてようやく気に入ったお皿ができた♪

d0339885_12594633.jpg

1~3月の水墨画に続き
4月~は陶芸を習っている。

4月は月4回頑張って通ったけれど
とうてい無理だなーということで
その後は、行ける時に行くという形に変更。
月によって、1~3回ぐらい通ってる。

いまは<初級カリキュラム>コース。

小鉢→湯のみ→マグカップと作って来たけど
どれも仕上がったらかなり残念な感じに。

でも、この小皿は結構かわいく焼き上がって来たー。

コウモリ柄のペア小皿。

我が家は料理の数が多いので
取り分け用の小皿はたくさん使うので
これから出番が多くなりそう。

夫にも「これはかなりいいね!」と言われたっ。

余った時間に作った招き猫は微妙な仕上がり。
ちょっと怖い。
d0339885_12594621.jpg

夫には「味わい深いね・・・卓球をしてる猫?」と聞かれた・・・。

胴体のところに切り込みを入れてあるので
カードホルダーになるのだけど・・・。
d0339885_12594600.jpg

まあ、スタートしたばかりなので
まだまだこれから♪

とにかく楽しいのでしばらくは続けたいなあ。

すっごいしゃべり倒してた!:ぜんじろう&前田一知(桂枝雀長男)ダイビングトーク

d0339885_13002875.jpg
(ちょっとピントが合ってない)

ぜん&とものダイビングトークに行ってきたよ。

ぜんじろうさんと前田一知さんが一時間半おしゃべりするイベント。
もう5回目なんだって。

で、最初に配られたチラシ(?)には
前回のダイジェスト&最近の芸能ニュースのリスト、
今日の新ネタの予備知識などがびっしりと。
ぜんじろうさん手作りかな。

このトークイベントをスタートしたいきさつなども書かれていて
勢いで決めた割には二ヶ月に一度、行われているそう。

一時間半の予定だったけど、とにかくおふたり(というか主にぜんじろうさん)が
しゃべりまくって、2時間ぐらい。

ぜんじろうさんがどうしてこの世界に入ったかとか
周りといかに違うお笑いを目指して誰をターゲットにするかと考えたこととか
(これってすごい勉強になった!どの世界でも通じる話だわー)
若い頃の悪行のこととか
ASUKA逮捕のこととか
脳にまつわる話とか
多岐にわたっていて、きっとぜんじろうさんって読書家で
おまけにちゃんといろんなことを覚えてて頭がいいんだなーと思った。

私も読書好きだけど、すぐ内容忘れちゃうから。

そして、ぜんじろうさんのとんがってぐいぐい前に行く感じと
前田さんのほんわかさりげない気配りトークが気持ちいいバランス。

最後は、新しいネタを披露。
夢についての本を何冊か読んだそうで、フロイトやユング、
日本書紀や親鸞の話まで。

おしゃべりの洪水の中で
終わった後は、お風呂上がりみたいにぼんやりしたー。
場所も「さばのゆ」ってお風呂っぽい名前の場所だったからかしら?

その後、打ち上げトークというお客さんと一緒に
もっと突っ込んだ話をするという時間もあったようだけど
脳みそがもういっぱいだったので、焼酎ともつ焼きを食べて帰ったよ。

プロってすごいね。
あれだけの時間をお客さんを飽きさせず笑わせてひきつけて。
人前でしゃべるのが大好きで、
それできちんとお金をかせいでるなんて尊敬する。

このイベント、結構深い話までするので
回を追うごとにお客さんが減って、10人ぐらいのときもあったそうだけど
(そういうこと言っちゃうのもすごいなあ)
この日は大盛況。

経堂、ちょっと遠かったけど、行ってよかった。

自然のままに生きた布袋さん

d0339885_13015912.jpg
今日、布袋さんを描きました。

七福神のひとりでお腹がでっぷりした人というイメージしかなかったけれど。

中国で、日本の古墳時代ぐらい古い頃の人。
とにかく自然体で、生きていたらしい。

彼にまつわる禅語は、調べたらこんな感じ。

「無一物」
何もないこと。何も持っていないこと。むいちもつ。

「行雲流水」
空行く雲や流れる水のように、
深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動するたとえ。
また、一定の形をもたず、自然に移り変わってよどみがないことのたとえ。


私がなんで布袋さんを描いてるかっていうことは
また今度ねっ!

やはり作らずにはいられない♪雪スタンダードプードル

d0339885_13020855.jpg

大量の雪を目の前にすると
やっぱり、なんか作りたくなるー。

今日は雪の中で佇むスタンダードプードルの菊千代。
d0339885_13020802.jpg

本当はテラスに持ってあがりたかったけれど
重くて無理。

軽井沢の雪はサラサラでなかなか形を作りにくいんですよねー。

でも新しい技法を編み出した!
だいたいの形を作っておいて
細かいところは、スプーンで削っていくのだ。

そうすると足のカーブとか首のラインとかが
きれいになる。

目は、アーモンド。
鼻は、胡桃。
d0339885_13020817.jpg

明日はなに作ろうかなあ。

雪かき頑張りました!ミニカマクラも作ったよ@軽井沢セカンドハウス

d0339885_13020944.jpg
(ミニカマクラを作ってキャンドルを灯してみた♪)

14日の記録的な大雪から2週間。

軽井沢に来ました。
軽井沢災害情報やライブカメラなどを見て、道路は大丈夫だろうと。

ただ、我が家の駐車場など心配・・・。

別荘族の方に聞いたら、
軽井沢でもこんな大雪は数十年、記憶にないぐらいだとか・・・。

そして到着。
わああー、家に登る階段が全くどこにあるのかわからない。
d0339885_13020963.jpg

玄関前のテラスは、地上から高さ1メートルぐらいなのですが
その高さを超える雪。
d0339885_13020919.jpg

階段は一切使えず雪を踏み固めて道を作り
テラスから直接出入りしてます。
d0339885_13021016.jpg

私のレメディウス号(ジムニー)もスッポリと。
d0339885_13021066.jpg

頑張って二人で掘り出しました。
d0339885_13021003.jpg

バッテリーもあがってなくて、ホッと一安心。

カマクラを作って雪見酒したいナーと言ったのですが
夫の賛成を得られず
ミニカマクラを作ってみたら、あらきれい♪