カテゴリ:日々つれづれ( 176 )

またひとつ自分の中のハードル超えたよ:はじめてのマイカー

d0339885_13043368.jpg
車買いました♪

免許を取って以来、20年以上
ずっとペーパードライバー。

昨年までは、合計でも数時間しか運転したことがなかったの。
そしてきっと私が運転することは生涯ないだろうなあと思ってた。

でも昨年、福井に住む友達が
「運転楽しいよ!たいこさんならきっと出来る。」って勧めてくれて
友達の車(それも結構高級な外車!)で4日間みっちり練習。
福井県内を400キロも走ったのだ。

うう、なんて友達に恵まれているんでしょう、私。

で、軽井沢にいる時はやっぱり運転が出来るといいなあと思って
それから一年、ようやく車を買ったよー。

ジムニーです♪

大きい車は欲しくなかったし扱えないだろうし
ジムニーは車高が高くて運転しやすいよって夫にもアドバイスされ。

もちろん最初はぶつけたりしそうだから中古車で。

さっそくスズキ自販長野に問い合わせたら
一台だけあった。
だから色とかも選べなかったけど
でも水色に近いブルーはかわいいし
特別仕様車なのでホイールとかシートとかもいい感じ。
試乗車だったから走行距離も短い。

スズキの販売店のスタッフいわく
「初心者はあまり年数の経った中古車はかわないほうがいい」とか。
トラブルがあったときに対処できないから。

納車のその日からさっそく特訓。
夫が助手席に乗ってスタート。

まずは近所を3回ほどグルグルまわって
車庫入れ20回して35キロぐらいドライブ。
中軽井沢駅にも行ったし
ツルヤ(スーパーマーケット)にも行ったし
旧軽にも行った。
d0339885_13043353.jpg

それにしても、夫が全然怒ったりイライラしたりしないで
ずっと私のヘタな運転に付き合ってくれて
車庫入れも私のほうが
「もう、いいよー。いくらやってもできないよっ。」ってくじけそうになるのに
「いや、これは慣れだよ。大丈夫。」って外で指示を出したり
見本を見せてくれたりして、ありがたかったなあ。

こういうことで運転が好きになるか嫌いになるかって決まる気がする。

まだまだ一人で運転できる自信はないけれど
少しづつ頑張ります。

またひとつ自分の中のハードル超えた。

我が家の頼れるドッグトレーナー:Doggy Labo 中西典子さん

d0339885_13043910.jpg

我が家の愛犬、
ケアンテリアのいくらとスタンダードプードルの菊千代。

二匹とも、子犬の時に
Doggy Laboの子犬しつけコースを受けて
まあそんなに大きな問題はなく飼いやすいいい子に育っていた。

リードの引っぱり癖を直したくて
出張レッスンをお願いしたこともある。

その後は大きな問題もなかったんだけど
一年ちょっと前ぐらいから
来客のたびに大きな声でワンワンと吠えるようになった。
怒ったり、「待て」とコマンドを出したり
嫌いな音を立てたりとしたけれど一向にやめない。

というわけでまたまた久しぶりに
Doggy Laboの中西典子さんに来てもらったのだ。

そしてたった1時間の中で、問題発見!
なぜ吠えるのかという理由もわかったし
どうやったら吠えなくなるかもわかったの。

えええっそんなことだったの?って感じで
説明を聞くと、とても納得がいくんだけれど
自分たちでは思いつかなかった解決法。

もちろんそれを犬たちに覚えさせるためには
これから何度も私たちで実践しないといけないのだけれど
ゴールが見えているので、ホッとしているところ。

「問題行動には、絶対に理由がある」
今回つくづく思い知った。

この世にダメ犬はいないんだなあ、
対処の仕方次第でこれだけ変わるんだ、
人間の思い込みで動いちゃいけないし
犬と人間の行動や思考は違うんだ、
あらためていろんなことを学んだ時間だった。

やはりプロは違う!中西さん本当にすごい!

「犬が懐かない」とか「吠える」とか「噛む」とか
しつけが出来ないことで犬を手放す人がいることが悲しい。

ちょっとお金をかけて、プロに相談すれば
格段に犬との関係もよくなり、お互いハッピーに暮らせるのにな。


私は犬のことだけでなく
自分がわからないなとか出来ないなと思うところは
すぐにプロに頼っちゃうよ。

一から勉強する時間はないからね。
それになんでもかんでも自分で解決しようと思ったら
疲れちゃうでしょ。

Doggy Laboオススメですよ。

高橋恭司さんにポートレートを撮ってもらった♪@オンサンデーズ

d0339885_13044076.jpg
撮影後、高橋さんの作品「トースト」の前で。

ワタリウム美術館にある
オンサンデーズ地下書店で開催中の
高橋恭司:青山万霊写真館

そこで
「あなたのポートレイトを伝説的写真家・高橋恭司が撮影する、期間限定写真館」
が開催されているのだ。

偶然、横森美奈子さんのfacebookで知り
「えええ!私も撮ってもらいたいっ」と好奇心が抑えられなくって
ドキドキしながらも電話して予約。

今日、撮影に行ってきた。

私は、高橋恭司さんの写真集は2冊しか持っていないけれど
なんとなく「遠くからやさしい」目線が好きなの。
彼なら私をどんな風に撮ってくれるんだろうと。

「撮影時間はだいたい一時間です」と事前にスタッフの方からお聞きしてて。

で、地下へ。

そしたら缶入りピースを持ってご本人が。
地下のカフェでおしゃべり。

私は一見誰にでもフレンドリーに見えて緊張するほうなんだけど
高橋さんも少しシャイな感じに見えた。

でも私が持っている高橋さんの作品集で一番好きな「煙影」を持って行ってて
この場でサインをお願いするのって図々しいのかなと思いながら
恐る恐る出したら、
「これ僕すっごく気に入ってるけど、僕以外で好きって言う人いないんですよ」
と喜んでくださって。

さんざんおしゃべりした後、撮影スタート。
d0339885_13044002.jpg

普段の取材だと
「笑顔で目線あり」の撮影ばかりなんだけど
全然違ってて、
「ネイルの色がきれいだから顔の近くに」とか
「目線は下のほうに」とか。

ネイル、普段はしないんだけど
前日せっかくだからと真っ赤といろんなキラキラが入ったベージュ系と悩んで
やっぱり自分らしい色をとベージュ系にしたの。

とにかく楽しくて幸せな時間だった。

さてさて、どんな写真が出来上がるのかなー。
四つ切りプリントになって届くはず。

そして10月になったらオンサンデーズの会場にも飾られるらしい。
嬉しいなあ。

佐々木俊尚×東浩紀トークショー後、村上隆さんのサインの下に夫の似顔絵描いた♪

d0339885_13055378.jpg
先日ゲンロンカフェで行われた
佐々木俊尚×東浩紀 トークショー
”楽園か、戦場か。レイヤー化する世界」のサヴァイヴ術!”


夫、佐々木俊尚の新刊「レイヤー化する世界」の出版記念のイベント。
d0339885_13055349.jpg

私も行ってきました。

100名、満員御礼の熱気の中、
二時間以上、ノンストップで激論を戦わせる2人。
d0339885_13055363.jpg

お客さんたちもかなりアツイ人たちが多くて
一番後ろの席にいたのですが、本にたくさんポストイットを貼っている人や
ボロボロに読み込んでいる方も。

内容はこんな感じでした。

async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8">
で、トークショー終了後、東さんが
「あっ、佐々木さん。壁にサインして下さいね。」

見ると村上隆さんなどのサインがあ!

みんなイラスト入り。
「佐々木さんもイラスト入りで。」

で、夫から任命され
私が夫の似顔絵を描きました。
途中、みんなに爆笑されながら
目を少し大きくしたり修正して。

うーむ、似顔絵って難しいね。
でも、穏やかないい人そうに描けたからいいかな♪

そこに夫がサイン。
d0339885_13055321.jpg

というわけで、村上隆さんの豪華サインの下にデーンと描いちゃってます。

初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。

新しい名刺できた♪

d0339885_13061318.jpg
しばらく名刺を切らしていて
ようやく新しいのを作った。

名刺制作ecobe!

データを自分で作成してネットで注文。
いろんな再生紙で名刺を作れるの。

私が選んだのは、牛乳パック再生紙。

表には「なくしたものたちの国」の挿絵の女の子。
実は、この女の子は私の小さい頃のアルバムの写真を参考に描いたもの。

裏には、「クライマーズハイ」の表紙イラスト。
たくさんの書籍の表紙のお仕事をしてきたけれど
これは本が売れたこともあって、私の仕事の中でもよく知られているから。

ビジネスシーンで使いまーす。


初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
ぜひ見て下さいね。

明日6/2まで:渡邉良重さんのファッションブランドCACUMA展示販売会

d0339885_13062088.jpg
渡邉良重さんが新しく立ち上げたブランドCACUMA(カクマ)。

6/20~ほぼ日ストアで販売予定らしいけれど
実物が見たくて、代官山へ。

代官山蔦屋書店のすぐお隣、
gallery ON THE HILLで開催。

会場は小さいけれど、渡邊さんらしいクリーンでやさしく
風になびくような洋服ばかり。

胸元にドローイングが施された白いシャツが好きだったな。

CACUMA展示販売会、明日6/2の18:00まで。


初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
ぜひ見て下さいね。

甘いけれどミントの味もするような世界 29(水)まで:国分チエミ個展parallel world

d0339885_13062537.jpg
久しぶりに表参道のHBギャラリーに行ってきた。

友達の国分チエミさんの5年ぶりの個展parallel world

国分さんの目を通すと、
景色や動物たちがみんなフワフワと飛んできて
自分の居場所を見つけて
「ふふふ」と笑いながら佇んでいるみたいに見える。
d0339885_13062517.jpg

砂糖菓子のようで口に入れるとホロホロほどけていきそうで
でも時々ミントも混ざっているような色と世界。

優しいけれどしっかりしている国分さんそのものだねえ。

一枚づつゆっくり見てほしいな。
細部まで丁寧に描かれた世界観は、眺めるたびに発見があるから。
さっきは雲に見えたのに、ステージに見えたり
風船に見えたり、木に見えたり
気づかなかった色を見つけられたり。
d0339885_13062516.jpg

初日のオープニングパーティには、愛犬こむぎちゃんもいましたよ。
d0339885_13062540.jpg

HBギャラリーは会期が短いのが残念。

歩いて行くと幸運に出会える乙女座:石井ゆかり星占いスペシャル(フィガロジャポン)

d0339885_13062906.jpg
いつも楽しみにしているフィガロジャポン付録の
「石井ゆかり星占いスペシャル」

全体の動きとしては

初夏からは全体が「水」の時間になり
水は、感情・共感・融合、そしてたどり着く場所。
嬉しさや、楽しさ、悲しみ、喜び、そんな感情のコントロールの難しさに
途方に暮れることもあるけどそれらがなければ人生は無味乾燥。
2013年後半~2014年夏、私たちは「感情の世界」に住み
自分たちの心を大きく揺り動かして、あふれる力を用いることになる。
(かなりザッと要約してるのでニュアンスが伝わりにくいかも−)

そして乙女座。

「歩いて行くと、幸運に出会える」

(なんとなく要約↓)
2013年後半~2014年前半にかけて、
ストレートに「嬉しい」と思えることがたくさん起こりそう。
人脈が広がり、選択肢が増え、やりたいことが広がり
可能性が大きく膨らんでいく。
そんなきっかけ、チャンス、縁をつかむには
もちろん勇気や努力が必要だけど
先に進めないラインに出会った時
「運命の神様のひと押し」を感じる場面が何度かあるはず。


はい、めいっぱい歩いて行きますっ!

そして乙女座中期(9/5~14生まれ)

人に頼ったり依存したりしていた人は、二年ほどかけて自分で立つ力を得て
逆に人に頼ることを拒否していた人は、仲間に恵まれるそう。


私は、人に頼り依存するタイプなので、もっと強くなれるってことかな。
人の意見に流されやすくすぐに自信を無くすので
そういうのがなくなっていくといいなあ。

石井ゆかりさんの星占いは
いつもいろんな事に気づかせてくれる。

おすすめですー。


初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
ぜひ見て下さいね。

初めてひとりで舞台を観てきた♪寺田有希さん出演の「島へおいでよ」

d0339885_13063138.jpg
(舞台終了後のホッとした笑顔ー)

先日のホリエモン×佐々木俊尚対談でアシスタントを務めた寺田有希さん。

彼女が出演する舞台「島へおいでよ」の公演が
学芸大学駅近くのホールと聞いて、お出かけして来たの。

久しぶりの初めてシリーズ!

初めて1人での舞台鑑賞。

駅近くにこんなホールがあるなんて知らなかったなあ。
千本桜ホールは、100人ほどが入れる小さな会場。
入口で「前のほうが見やすくなっております」って言うから
一番前のまん中近くに座る。

舞台が始まったー。
わああー近すぎるー。
そして俳優さんたちが熱演過ぎるー。
ツバが散ってきそうー。

ストーリーを簡単に言うと
亀岳島という小さな島に結婚したい男性たちが5人。
そこに集団お見合いにやってきた女性たちが5人。
でも彼女たちは結婚詐欺のグループだった。
というお話。

全員が美男美女じゃなくってそれぞれのキャラが立っていて個性的。
だんだんと各自のキャストを好きになっちゃって
どうしよう・・・入り込めないかも・・・・と最初は心配したんだけど
あっという間におもしろくなって
最後はちょっと泣きそうになっちゃった。

とても小さな舞台なのにそこがシーンによって
いろんな場所に見えてくるのもおもしろかった。
大掛かりな舞台装置がなくても、工夫と演技力があれば
観る側の想像力をかきたてるんだねえ。

有希ちゃんは、この間家に来た時とは全然違って
結婚詐欺のボスとして、啖呵を切ったり、めっちゃ冷たい視線を投げかけたり。

他のキャストの方々もそうだけれど
思いきりって大事だなあ、本気って大事だなあとつくづく思ったのだった。

ああ、楽しかった。


初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
ぜひ見て下さいね。

東京おとな日和の表紙は3.1フィリップリム(3.1 Phillip Lim)&ポリーニ

d0339885_13063120.jpg
先日のアー写撮影でも
「東京おとな日和」と同じ衣装で撮っていただきました。

表紙の黄色のワンピースは、3.1フィリップリム(3.1 Phillip Lim)。

撮影のためにこの春、購入したワンピースだよ。
新宿伊勢丹にマネージャーと行って、いろいろ物色。

マネージャーが「これ似合いそう」って見つけてくれたの。

屋上の景色ときっと黄色が映えるんじゃないかなと思って
決めたんだけど、ばっちり爽やかな表紙デザインが出来上がって
嬉しかったなあ。

靴は、ポリーニ(Pollini)のバブルソール。


初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
ぜひ見て下さいね。