<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

カリッと揚がる天ぷらのコツ

夫の得意料理のひとつ、天ぷら。
カリッと揚がった天ぷらは、お客さんにも好評。
d0339885_13493810.jpg
そのコツとは!・・・とっても簡単。

1)小麦粉と焼酎をフォークで混ぜて衣にする。
2)オリーブオイルで揚げる

これさえ守れば、根菜類は特に失敗無しだって。
(葉ものはまだ完璧な出来ではないらしい)

かぼちゃ,さつまいも,レンコンなど。

うちで夫の天ぷら食べた人はみんな驚くのだった。
やってみてねー。

facebookで毎日の夫が作ったごはんを掲載中。

★以前のブログはこちら

一目惚れのサングラス:福井県鯖江のHIERO

d0339885_13493870.jpg
またお気に入りのサングラスがひとつ増えた。
白フレームサングラスと同じHIEROのもの。

これはある雑誌で田中眼鏡本舗を紹介するために、
店主の田中さんに撮影用に新作を送っていただいた中に入っていたひとつ。

一目惚れしてしまい、田中さんにお願いして買っちゃった。
(いつもは年に一度ぐらい福井にあるお店に行って、サングラスや眼鏡を作っているのだ)

田中さんにお電話したら「いやー絶対に気に入ると思った。」って言われてしまった。

全く日本では認知度の低いブランドだと思うけど(そうでもないのかな?)、
アメリカやヨーロッパでは人気のブランド。
d0339885_13493821.jpg
三層のラミネート生地を使っていて、表は赤だけど内側はピンク。
でもどちらもパキッとした色ではなくて、
どこか懐かしさを感じるような美味しそうな色味。

田中さんいわく「掛けるたびに内側のピンクが目につき気持ちがキュートに」。
うん、まさにそうだね。

フレームの左側にだけ、お花が付いてるのもツボ。

かなり大きめのフレームで、かけるとちょっとおとぼけな感じになるのも好きだー。

★以前のブログはこちら

私の防災グッズはこんな感じ

d0339885_13493962.jpg
お家用(リュック)と外出用(ポーチ)、ふたつ揃えてますよ。
私は本当に心配性でビビリですぐに動揺しちゃうので。

“地震多発時代”はまだ始まったばかり! 首都圏が最も警戒すべき「巨大地震」発生の可能性
はとても興味深い記事だった。

でもそれよりも驚いたのが、最後のアンケートの「防災非常袋をまだ用意してない」人が
45.8%もいること。(2011.8.14朝の時点で)

自分の住んでる地域に大地震が来たり避難が必要になるとは限らない。
一生使わない確率のほうが高い。

「めんどくさいな」とか「もったいないな」という気持ちも正直ちょっぴりあるけれど、
これで安心して暮らせればいいのだ。

私の非常用持ち出し袋の中身は以下のとおり。
d0339885_13493982.jpg
1)ヘルメット
2)防災ブーツ(安いけど鋼鉄製先芯で靴底には踏み抜き防止鋼板入り。)
3)寝袋
4)雨具
5)食べ物類(水,カロリーメイト,紙皿,紙コップ,割り箸)
6)レジャーシート(毛布代わりにもなるかなと)
7)タオル
8)靴下
9)ホッカイロ
10)衛生用品(歯ブラシ,防塵マスク,ビニール袋,ティッシュなど)
11)犬のエサとリード(2匹の犬がいるので)

じつは3.11以降、災害のための備えを読んで、見直し&充実させたのだ。

普段の外出時には必ずミニ防災セットを持ってお出かけ。
重いと絶対持ち歩かなくなるので、ミニサイズでなるべくかわいいデザインというセレクト。

くらしの備え。いつものもしも。参考になるなあ。

実際に災害に遭わないと、使いやすさや必要なものってわからないし各々でも違うと思う。
だから私もパーフェクトとは言えないけれど、
悩むよりもまずは値段の安いものなどを寄せ集めてでもセットしておくと安心。

使わなかったらラッキーなのだ。

★以前のブログはこちら

三陸の海網で作った浜のミサンガ「環」

浜のミサンガ「環」は、復興の願いを込めて漁網で作ったブレスレット。
d0339885_13493934.jpg


環(たまき)って、日本古来のブレスレットの呼称なんだって。
(ああ、また知らない事を一つ学んだよ。)
これは三陸に仕事を!プロジェクトの一環として、いわて・三陸町の方々が作ったもの。

購入した私たちの代金は、実際に作られた方々の賃金に。

そうして届いたのは、私にとって初めてのミサンガ。
着けてみたら、とってもかわいくて気に入っちゃった。

製造番号:05762番目。
d0339885_13493995.jpg
ってことは、5000人以上がこれを持ってるのかな。
繋がってる感じで嬉しい。

もちろんこれは永久的なものでは無くて、数か月後には壊れちゃうかもしれない。
飽きちゃうかもしれない。
でもそこに大きな意味はないと思う。

働いてお金を得たいと思っている方がいて、
その方々の手助けができたらいいなという人がいる。

いまは私の左腕に巻いてあって、かわいくて嬉しくて。
これを作って下さった方に感謝の気持ち。
d0339885_13493959.jpg
第3期インターネット販売は9/11
だって。
たぶんまたあっという間に売り切れちゃうね。

焼きなす,おくら,みょうがの夏サラダ

我が家では夫が料理担当。
でもいわゆる男の料理というよりもおふくろの味系。

愛用してる料理本もしぶいです。

いい調味料にはこだわるけれど、素材重視のシンプルな野菜料理が中心。

時々、うちでは「小料理 まつお」と銘打って、日頃食べてる地味料理を友達に出してます。
おしゃれさとは無縁だけど、外食続きの友達たちには好評。

なので時々、簡単に作れておいしい料理を紹介しようと思いまーす。

今日は、この夏のヒット作で、しょっちゅう食べてるサラダ。
d0339885_13493949.jpg
1)オクラ,みょうが,小口ネギを小さめに切る。
2)焼きなすを作り、小さめにたたく。
3)全部混ぜてお皿に乗せる。
4)鰹節をトッピングしてお醤油を回しかける。

簡単だけど、いくらでも食べられるのでぜひ試してみて下さいね。
facebookでは毎日のうちのごはんも見られます。

★以前のブログはこちら

大阪でB級グルメ:インデアンカレー

甘くて辛いインデアンカレー初体験。
大阪の人なら誰でも知ってる有名カレーらしいよ。

大阪にもいくつかお店があり、東京にもあるみたい。
d0339885_13493994.jpg
私が行ったのは阪急三番街のお店

Twitterでここが一番美味しいと教えてもらったからっ。

カウンターだけのお店は、朝から結構な賑わい。
ここなら次は一人でも来れるなあ。

一口目「甘い」
でももぐもぐした後「辛い」
不思議と癖になりそうな味だあ。

でも、なぜ最初甘いと感じるのだろう?

小食のため残しちゃったのが残念。

「美味しかったけど小食なので残してしまいました。ごめんなさい。」と言って出てきた。

私は本当に食い意地がはってるのに小食という最大の欠点があるため、
よくこうやって謝るのだ。
せっかくおいしいのに残すなんて申し訳なくて。

でも「あっお腹苦しい。もう無理。」って思ったら、いさぎよく食べるのをやめちゃう。
だって「量が多くてつらかったなー」というのしか思い出さなくなっちゃうから。

そして無理してしまってお腹がいっぱいになっちゃたお店には二度といく事はないのだった。

<次回への教訓>
今度は、卵の黄身のトッピングを頼んで、ごはんの量は2/3にしてもらおう。
そして添えてあるキャベツのピクルスも一緒にグチャグチャ混ぜて食べたい。


★今までのブログはこちら

息苦しい中学生時代を思い出す:オーダーメイド殺人クラブ

読み始めて、いきなり自分が中学生だった頃の「いやな」部分をたくさん思い起こさせる。
あーできればずっと蓋をしておきたかった部分。
d0339885_13493921.jpg

あの頃は自分の生きている世界がとても狭くて
とりまく人間関係もとっても狭くて
家庭と学校と近所とそこに関係する人々だけが自分の持っている世界全部だと思っていて
時々、絶望してた。

なんの根拠もなく、本当の自分がいるべき場所はここじゃない気がしてた。
意味不明のプライドがあって、たくさんの残酷さを持っていた。
だけど、小さな世界で浮いてしまうのはとても怖かった。

ちょっとした発言で、クラスで孤立してしまったり
反対に周りと一緒になって友達を無視したり。

そこでうまく踏みとどまれないと、それがいじめになったり登校拒否になるんだろうな。

幸い私は気が弱いので、無視された時に
なにが理由なのかわからないままに「ごめんね」といってまた輪に入れてもらえた。

そういう小さい事件(とも言えないけれど)を繰り返しながら、
私たちはとても(重要だと思っていた)くだらない日々を過ごしていた。

大人になったらこんなに自由だし世界は広いし知らない事もたくさんまだまだあるし、
どこにでも行けるのになあ。

その頃(中学二年生)の私に会ったら、言ってあげたい。
できれば、その渦中にいる彼らにも。

本を読み進むとどんどん絶望的な悲しさを覚えて、
でもそうしながら悲しい方向に進もうとしている彼らを応援していた。

読んでるのが辛くなってくるけれど、最後まで読んで本当によかった。
読み終えた時、勝手に涙がだああーっと、でも静かに流れてた。

これはあの頃の私の記憶でもあるなあと思う。
そしてそう思う人って多いと思う。

すばらしい本をありがとうございました。

GINZA8月号(だったと思う)の豊崎由美さんのブックレビューを見て購入したこの本。
ついつい同じ作家さんの本ばかり選んでいた私だし、
辻村深月さんの作品を読むのも初めてだった。

オーダーメイド殺人クラブ(辻村深月)

知らなくてもったいなかったな。
久しぶりに心が震える本に出会えた。

★今までのブログはこちら

ポールスミスのTシャツはクールビズにぴったり

d0339885_13493907.jpg
トロンプイユのTシャツ。
パッと見ると、サファリジャケット着てるみたいに見えるでしょ。

Paul Smithでこの夏買いました。
ちゃんとワッペンが付いてたり凝っている。
d0339885_13493924.jpg
後ろ姿もぬかりない。

シルエットもきれいなので、一見きっちりして見えるTシャツだと思うんだけどー。
ちゃんとしたホテルでもこのTシャツならバッチリ!かも・・・。
でもグランメゾンでの食事は無理か・・・。

この応用編で、ワイシャツとネクタイの絵が描いてあったりしたらいいのでは?
営業職でも大丈夫!

だめかなー。

★以前のブログはこちら

サントリー天然水の巨大壁面広告見て頂けました?

大阪梅田、阪急の動く歩道の壁面いっぱいに私のイラストが展開されてます。
私もようやく観てきましたよっ。
d0339885_13494056.jpg

もう、何度も何度も動く歩道に乗って。(ビデオ撮ってたの)
大阪の人たちはやさしいので、動く歩道に立ち止まってる私の事も怒らないの。
(本当に邪魔してしまってごめんなさい)

私の描いた絵がものすごーく大きくなってて、ほら、青い鳥なんてこんなにデカイ!
d0339885_13494072.jpg
写真を撮ってくれてる若者などいて嬉しかったなあ。
立ち止まってジッと見てくれてる女性も。

思わず「ありがとう!」って言いそうになったけど,変な人に思われるので我慢した。

Twitterでも「通勤途中に毎日観てます!」っていう人やわざわざ見に行って下さった方も。
嬉し過ぎー。
d0339885_13494054.jpg

でも二週間の掲示も28(日)で終了。
寂しいな...。

★以前のブログはこちら

はじめまして。今日からブログ始めます!

まずは自己紹介から。
10年間、広島で会社員生活してました。
で、上京しセツモードセミナーなどに通い1998年からイラストレーターに。

おしゃれと旅と美味しいものが大好きです!
(こちらにもう少し詳しいプロフィールも。)

家族:夫(ジャーナリスト)

我が家の家事は、ほぼ彼が一手に引き受けてます。
特におふくろの味系の野菜料理は周りにも好評。
facebookには、毎日の夫が作ったごはんを掲載中。

ペット:いくら(ケアンテリア 8歳)&菊千代(スタンダードプードル 4歳)

二匹とも人間が大好き。
普段は私のアトリエの足元で一日中ゴロゴロのチビデカコンビ。

d0339885_13494014.jpg
私は好奇心が旺盛で、なんでもやってみたいし、なんでも知りたいタイプ。
毎日ゆるーくアンテナを立てておもしろい事を探してます。

そんな私が見つけたものや行った場所などについてたくさん紹介していきたいな。
もちろん、私の作品や活動についても。

今までのブログもぜひお時間のある時に覗いてみて下さい。

どうぞ、これからよろしくお願いいたします。

ぺこり。