<   2012年 10月 ( 141 )   > この月の画像一覧

夫が作った晩ご飯:鳥の唐揚げ

d0339885_13455606.jpg

夫が揚げた唐揚げは
カラッとサクッとしてて
美味しいんだけど
久しぶりかも。

iPhoneから送信

広島みはら「八天堂」のくりーむパン

d0339885_13455612.jpg
目黒駅でコーナーが作られてて
なんだかおいしそうだったので購入。

八天堂って
昭和8年創業の広島県三原市の和菓子さんなんだって。

知らなかったー。

くりーむパン とろけるカスタードくりーむ

冷やして売ってて冷たいまま食べるの。

ふんわりしてるけど、中のクリームはぎっちりと詰まってて
でも甘すぎず、これはおいしい!

ちょっと大きめサイズだったので
食べきれるかなあと思ったけど、ペロリと完食。

食べた事のない食感とやさしい味。

次に見かけたら、別の味も試してみようっと。

スタンダードプードル菊千代ってやっぱりデカイ

d0339885_13455717.jpg

久しぶりに菊千代に会った友達も
びっくり。

iPhoneから送信

夫が作ったブランチ:豆苗の炒め物

d0339885_13455797.jpg

フライパンに油を引き
思いっきり強火で10秒ぐらい炒めると
しゃっきり美味しくなる。

iPhoneから送信

神話の国の古代の姿を想像してみる:出雲ー聖地の至宝(東京国立博物館)

d0339885_13455700.jpg
古事記1300年 出雲大社大遷宮 特別展出雲 聖地の至宝
を観るため、上野にある東京国立博物館に行ってきたよ。

「わたしがみつけたもの ~伊勢神宮125社をまわって」の第二弾は
出雲 古事記を辿る旅の本を作ることに決定してて
そのために11月末に出雲に出張するんだけれど
全然詳しくないので、勉強のために担当編集ロックさんと出かけてきたのだ。

音声ガイドを聴きながら
そしてところどころは担当編集ロックさんに教えてもらいながら
大変勉強になりました。

神話の国、出雲。

伊勢神宮に行く前にも古事記読んでおいたけど
また忘れてきたので再度「古事記」も読まなくっちゃ。

古代の出雲大社を支えていた宇豆柱(うずはしら)の太さに驚き
大量に発掘された銅鐸や銅剣の模様がかわいらしく
ああ、実際のところはどのような世界だったのだろーと思いをはせる。

出雲熱が、急に盛り上がってきた!

来年は、出雲大社の60年ぶりの大遷宮だって。
いい本、作らなくっちゃ。

展示自体もとてもおもしろかったのでオススメです。

痛風セット

d0339885_13455734.jpg

あんこう
イクラ
牡蠣。

うまいうまい。

iPhoneから送信

島と神社を描いたよ:文春文庫「神苦楽島」(上)(下)(内田康夫)

d0339885_13455738.jpg
神苦楽島(上)(下)
著:内田康夫
デザイン:野中深雪


探偵浅見光彦がついに携帯を所有するところから始まり
事件に巻き込まれるっ!

古事記に「国生み」神話を残した淡路で
事件の背後を探る・・・。

上下巻に、なにかありそうな島とそして神社を描きました。

上下巻担当する時って共通するなにかを入れつつ
ちゃんと区別がつく感じにしたいなって思って
いろいろ考えちゃうのだよね。

両方を並べるとなんとなく繋がるのだよ。
ぜひ書店でくっつけてみてね。

朝から賑わう上野ー

d0339885_13455767.jpg

東京国立博物館へ。

iPhoneから送信

肌寒いのでトレンチコートで

d0339885_13455815.jpg

この秋初めての
トレンチコートだなあ。

いよいよ寒くなるねえ。

iPhoneから送信

靴棚を断捨離:持ってる靴が全て見えるっていいなー

d0339885_13455867.jpg
しばらく前から(半年ぐらい?)気になっていた靴棚を
ようやく整理しました。

ああ、持ってる靴たちが全て見える形になるってステキ。

モノに惑わされず
モノを全面支配して把握してる感じが気持ちいい。

棚のだいたい1/3が夫の靴、2/3が私の靴。

以前はイメルダか!っていうぐらいの靴を持っていたのだけれど
今はこの棚に入ってる靴が私の持っている靴の全て。

一足買ったら一足捨てるという厳しい掟を自分に課しているのだけれど
ファッションの中で一番好きなのが靴なので
本当に毎回辛いです。

でも、やっぱりあらためて思うのは
かっこよさが一番だけれど
足が痛くなっちゃう靴は履かないね!

って毎回思うのに、買っちゃうね!

まだまだ修行が足りないです。