<   2014年 03月 ( 117 )   > この月の画像一覧

夫が作った晩御飯:我が家の新定番、塩すき焼き

d0339885_13014082.jpg

これ、あっさりしてて
いくらでも食べられる。

お醤油の代わりに
お塩を使うだけ。

iPhoneから送信

御代田まで車を運転

d0339885_13014030.jpg

久しぶりの運転。

御代田のカタヤマに
お肉を買いに来ました。

浅間山が
美しい。

iPhoneから送信

夫が作ったブランチ:回鍋肉

d0339885_13014160.jpg

今日は鳥肉で。

キャベツは半玉使ってます。

iPhoneから送信

浅間山

d0339885_13014271.jpg

まだ木々が芽吹いてないので
散歩中に
浅間山がはっきり見える。

iPhoneから送信

自由で生意気で楽しそう!:「私生活/加賀まりこ 立木義浩写真集」

d0339885_13014264.jpg

先日読んだ、加賀まりこのエッセイ「純情ババァになりました」の中には
写真家の立木義浩さんとの対談
「20代は毎晩、泣いたり 嘆いたり」
が載っている。
2000年に「FRaU]で掲載されたものらしい。

そこには、加賀さんが26~27歳の頃、
立木さんが彼女を撮影した写真集の話が出て来た。
軽井沢やパリで立木さんの奥さんも一緒に街を歩き撮りためたもの。

ああ、これは観たいなって思って、買っちゃった。

私生活/加賀まりこ 立木義浩写真集

1971年出版。

もちろん古本しかなくって、「うーん高い・・・でも・・・欲しい!」。
d0339885_13014266.jpg

やっぱり買ってよかった。
20代後半の加賀まりこさんは、
とにかく自由で開放的で垣根が無くて生意気で楽しそう。
d0339885_13014286.jpg

加賀さんと立木さんの関係性が伺える。

加賀さんは、スッピンの写真も
寝起きみたいな写真も
もちろんヌードも
こう撮ったら美しいとかじゃなくて
撮っちゃったらこんなにノビノビした写真になっちゃった!みたいな。

装幀が、池田満寿夫っていうのにもシビレルっ。

夫が作った晩御飯:ゴボウスティック

d0339885_13014204.jpg

久松農園のしっかり太いゴボウ。

かなり濃い味付けでも
ゴボウの香りたっぷり。

iPhoneから送信

福幸亭のカレー

d0339885_13014293.jpg

久しぶり(^-^)/

ヒレカツカレー。

ごはんにかけても
そのままでも。

普段はカツカレー食べないけど
ここのは大好き。

iPhoneから送信

昨日は夜桜堪能

d0339885_13014351.jpg

東京ミッドタウンにて。

スパークリングワインと
生牡蠣で乾杯。

楽しい夜だった。

iPhoneから送信

いつものスターバックス

d0339885_13014312.jpg

クリーミーバニララテ
with レモニースワール。

レモンの爽やかな苦味が
美味しい(^-^)/

iPhoneから送信

私が絵の具に黄色を混ぜる理由

d0339885_13014349.jpg

私の絵は、色が独特って言われる。

イラストレーターになる前に、
何人かの尊敬しているイラストレーターさんに絵を見てもらっていた頃に
絵、そのものはほめられなくても
色使いはほめられた。

色のセンスって、持って生まれたものがあるから
大事にしなさいって言われた。

それは自分に自信を持たせてくれる魔法の言葉みたいに聞こえて
とても嬉しかった。


あらためて、私が心地いい色ってどんな色だろ?と、ちょっと考えてみた。
なんでこういう色を使いたいと思うのかな?って。

私はどこかに黄色味が感じられる色が好き。

小さい頃に観たアニメーションの影響が大きいのかな?

好きだったのは、「トム&ジェリー」や「出てこいキャシャーン」。
日本のアニメーションなら、「魔法使いサリー」「リボンの騎士」

お菓子だと、トブラローネが好きで
味はもちろんだけどパッケージの配色がすんごい好き。

きっと子供の時の懐かしさとリンクして
こういう色を使うと安心するんだと思う。

以前、NHKの「トップランナー」という番組に出た時に
司会の箭内道彦さんに
「なぜ、色を薄めるのに白じゃなくて黄色なの?」って聞かれた。

私は答えを準備してなかったけれど
とっさに「白だと、寂しく薄まる感じがするから。」って答えた。

でも、あとで考えても
やっぱり私はいつもそう思ってるんだなーとわかった。

寂しいのは嫌い。

懐かしくて寂しくない色が好きなんだな。