<   2015年 06月 ( 57 )   > この月の画像一覧

7/4(土)18時~:ゆる神社バー シーズン2 開催します@湯島のMUSIC BAR 道

d0339885_12555175.jpg

チーママかよちゃんデザインのかわいい団扇をゲットしてね!
(数はたっぷりあります)

1月に開催した1日限りの「ゆる神社バー」。

とっても楽しかったので、また開催します♪

ゆる神社バー効果なのか、
「古事記ゆる神様100図鑑」もおかげさまで増刷になったし。

ゆる神社バー シーズン2

日時:7/4(土)18:00~21:30

場所:MUSIC BAR 道
東京都文京区湯島3−35−6 3F
(地下鉄千代田線湯島駅4番出口隣接ビル、徒歩0分)

チャージ:1500円(特製オリジナル団扇+駄菓子食べ放題)
※浴衣(あるいは着物)でご来店のお客様は、チャージ1000円にします♪

●この日限定、女神カクテル(3種)を店長が企画中です。

●前回と同じく、
たいこママ・チーママ(私の友人かよちゃん)・マスター(担当編集ロックさん)が
みなさまをおもてなしいたします。

●ママとチーママは、みなさまを浴衣でお出迎えします。(マスターは未定)

●当日は写真撮影OK、本を持って来ていただければサインもします♪

担当編集ロックさんからのメッセージ

前回は、おみくじやらプレゼントやらお通しやら、
イベント性を強く出しすぎてしまったため、
たいこママとゆっくりお話する時間が取れなくなっていたので、
今回はイベント性をうすめにして、のんびりまったり、
たいこママとのおしゃべりを楽しんでいただくべく、
いたってシンプルにするつもりです。
ちょうど夏越の祓いの時期です。
上半期に知らず知らずのうちに体についてしまった穢れを祓いにぜひお越しください。

いよいよ「千年陶画」WEB販売スタート:現代アート通販 TAGBOAT(タグボート)

d0339885_12555155.png

絵画・版画・写真の販売・買取をする国内最大級の現代アートのネット通販ショップ
TAGBOAT(タグボート)

こちらで、私の「千年陶画」作品を扱っていただくことになりました。

まず第一弾として2種類販売。

●一点ものの陶板(5点)
型おこしから依頼し、素焼きした陶板の上に、
泥絵の具で絵を描き、
特殊な釉薬をかけて焼き上げた作品。

●シルクスクリーン陶画(6点)
型おこしから依頼し、素焼きした陶板の上に、
シルクスクリーン技法で特注した下絵転写の泥絵の具で描き、
特殊な釉薬をかけて焼き上げた100点限定の作品。

私の作品が一覧できるのはこちらのページ→TAGBOAT松尾たいこ

いずれも先日の初陶画展「ETERNAL HAPPINESS色あせない幸せ」で展示したもの。

ぜひご覧くださいませ。

新プロジェクト→「千年陶画」facebookページ
ぜひ「いいね!」を押して応援してくださいね。
福井での制作の日々や
なぜ福井でこういうことをやっているのか
いまやろうとしていることなどをどんどん紹介していきます。

ヒール高いのに疲れないこの夏ヘビロテのクリアサンダル:[ツルバイマリコオイカワ]Ipo

d0339885_12555128.jpg

素足にサンダルのシーズンになると、ラバー製のものを探します。

なぜかというと、
革製品アレルギーなので、湿疹が出てしまうのです。

そして5月に見つけてから超ヘビロテなのがこちら。

[ツルバイマリコオイカワ] TSURU by Mariko Oikawa Ipo
d0339885_12555152.jpg

<お気に入りのポイント>

1)ラバー製なのでかぶれない

2)クリアーメインなので洋服の色を選ばない

3)キラキラスタッズ付きで、カジュアルもドレスアップもいける

4)ヒールが7.5センチもあるのに疲れない

5)ヒールがあるおかげで、子供っぽくならない

本当に履きやすいんですよ~。
アマゾンなら、返品無料だし、
いま見たら、ちょうど6/29までは20%OFFなんですね!

なんか他のサンダル買っちゃおうかな。

本当にそう思う♪「人と、世間と比較しないこと。 比較しちゃうと挫折しちゃうからね」

d0339885_12555267.jpg

樹木希林さん、かっこいいなー。

樹木希林、観客のスマホ撮影を許す「悪用されても構わない」

いや、このタイトルは過激だし、ちょっと違うかなーと思うけど。

舞台挨拶に立った時の言葉。
もちろん他の出演者がいなくて、監督と自分だけだったから言った言葉。

でも、常々、「なんで写真撮っちゃいけないの?」って思うことって多い。
美術館とかギャラリーとか。
混んでいて人に迷惑になるとか
フラッシュが作品の劣化を招くとかの場合はわかるけど。

私の個展は、写真撮影オッケー。

「自分が好きと思う作品の前で写真撮ってくださいね」っていうと、
あとで、この作品が人気なのねーって自分で分析できるし
みんなが写真を撮ってそれをTwitterやfacebookで紹介してくれたら
私だけだと無理な部分にまで宣伝してもらえる可能性もある。

実際に、「友人から勧められてきた」なんて人もいたし。

ギャラリーによって、規定があるのかもしれないけれど
私がいままで個展を開催した場所でNGだったところはない。

これからも写真撮影オッケーで個展をやっていくつもり。

そしてこの記事の中の
「楽しんでるように見えるでしょう? 人と、世間と比較しないこと。
比較しちゃうと挫折しちゃうからね」と持論を語っていた。

もすごく共感。

楽しんでいるように見えることって大切。

昨日、ついTwitterに書いちゃったけれど

async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8">
私にも嫉妬心もあるし自信がない部分もあるけれど
なるべく考えないようにして、いい部分だけを見て楽しむようにしているのだよ。

そんなに人って強くない。

不思議なうどん屋さんで食べたことない味だ:やしま

d0339885_12555228.jpg

前から店構えがとても気になっていた。

やしま
d0339885_12555242.jpg

中途半端な時間からお店はオープン。(11時15分)
入り口で食券を買って、カウンターへ。

とてもきびきびとしたお兄さんが席に案内してくださる。

カウンターには、すでにおしぼりと水がズラッと並んでる!

店内も外の雰囲気通りというかそれ以上のすごい感じ。
駄菓子屋さんみたい。
d0339885_12555206.jpg

で、黙々とみなさんお料理中。

私は前もって「食べログ」でチェックしていて
頼んだのは、高菜うどん。
そして、げそ天。

お兄さんに、「麺は少なめで」とお願いした。
麺がとても多いと聞いていたので。

「冷たいのと暖かいのどっちにしますか?」って聞かれて
「冷たいのは汁がないんですか?」って聞いたら
あるって言われたのでそっちにした。

汁が透明だ!
うどんが硬い!
汁が冷たい。
味も薄い。
しかし、美味しい気がする。

げそ天はバリバリしてた。
すごいバリバリするなあ、おせんべいみたいだなあって思って食べ終わったけど
よく考えたら、うどんの中に入れることを前提にしてるんだよね?

夫は、げそげそうどん?とかいうのにしたら
げそ天が山盛りで出てきて
「もう、しばらくはてんぷらを見たくありません」だって。

お隣に一人で来られてた男性は
肉うどんと昆布?を頼んでいた。
どんな味なのかな?昆布をトッピングするのね?

でもふたりで
「なんか癖になる感じだよねえ~」って言いながら
お店を後にしたのだった。

今日のいくらちゃん

d0339885_12555273.jpg

初めて工房も歩かせてみた。

落ち着かずウロウロ。
なので、居場所を作ってあげた。
夜は、ゴロンゴロン。

iPhoneから送信

どんどん進化してて行くたびに驚くー!:大好きなフレンチレストラン トエダ

d0339885_12555328.jpg

(キアヌと林檎、ズワイ蟹のサラダ仕立て)

福井に行く前に1日だけ軽井沢へ。

そして超久しぶりのレストラントエダ
d0339885_12555353.jpg

ここは本当に毎回おいしくて美しくて驚くのだ。
お店の雰囲気もサイズ感も
シェフとソムリエのご夫婦の接客も居心地いいし。
d0339885_12555360.jpg
(人参のムース、オレンジの香り)
d0339885_12555387.jpg
(春野菜のポタージュ、フォアグラのニョッキと共に)
d0339885_12555347.jpg
(淡路産ヒイカとナスのマリネ)
d0339885_12555326.jpg
(長野産イサキのポワレ、タプナードソース)
d0339885_12555341.jpg
白ワインボトルと赤ワイングラスと、シャンパンとカルバドス飲んだ♪
d0339885_12555382.jpg
(ニュージーランド産仔羊のロティー、ソースムータルド)
d0339885_12555392.jpg
(パイナップルのソルベ、ココナッツのエスプーマ)
d0339885_12555394.jpg
(木苺のレアチーズ)

ああ、美味しかった♪
幸せな時間をありがとうございました。

彼の行動力と地元への愛が、地方の未来を作ると思う

d0339885_12555479.jpg

北山大志郎さんは、地元美浜町で家業の建設業についています。

8年ほど前かな?
夫が仲良くなった福井の起業家さんたちの友人で
そこから繋がりができました。

彼は、解体を頼まれる立派な古民家が多いことに心を痛め
県内の空き家解消に取り組むNPO法人「ふるさと福井サポートセンター(ふるさぽ)
を立ち上げました。

現在は、精力的に「空き家見学ツアー」などを行い
メディアに取り上げられたりと注目され始めています。

でも、彼の取り組みのスタートは、とても地道でした。

空き家ツアーのはじまりは?
とにかく増えていく空き家
壊されていく空き家をなんとか食い止めたい。
そんな思いで、地元の仲間と空き家調査からはじまった。
・・・・
空き家がいくつかあるということは
わかったんだけど、貸してくれるという
選択は実はかなり遠いところにあった。
・・・・
具体的にいえば
仏壇がある。
まだ家財道具がたくさん残ってる。
近所の目があるから貸したくない。
こんな原因が実は多い。

そこのハードルを下げるのに
住むとか貸すとかの選択ではなく
見るっていう選択はどう?
・・・・
とお願いすると見せるくらいならまあええよ

という流れになった。
空き家に関しての最初の壁が実はこのハードルだった。

彼は地元のよさも、問題点もよくわかっています。
そして自治体が動いてくれるのを待つとか
文句をいうとかではなくて
自分ができることからスタート。

今朝、下の記事を読んで、やっぱり彼のような人は
大切な地方の宝物だなあと思いました。

地方の衰退を招く「3つの重大な間違い」とは
民間が行政計画とは関係なく、
まちなか再生などでも活躍をして、それを一人の市民として行政マンも支え、
それが成果を収めていくうちに、自治体を動かし、
行政の戦略へと昇華していくことだって多々あるのです。

北山さんの熱い思いは、いろんな人達を動かしています。

私は、昨年の夏から福井で「千年陶画プロジェクト」をスタートするまで
彼がこんな取り組みをしていることは知りませんでした。

だけど、彼が実際に作った
空き家利活用リノベーションモデルハウス「朱種shu-shu」を見せてもらい
彼が地道に取り組んでいる様子や
卓越したセンスや人を動かすことができる行動力と包容力などに
夫婦共々、すごく共感しているし尊敬しています。
d0339885_12555445.jpg

職種も全然違うのに
なぜだかずっと仲良くさせてもらっている北山さん。

私も、せっかく福井で活動することになったので
福井のよさをアピールしたり、
多拠点生活の利点なども紹介したり
役に立つことができるとうれしいなあと思っています。

いまのところは、私のプロジェクトを応援してもらって
そのおかげで越前町のアトリエも借りれることになったりと
お世話になりっぱなしですけどね。

ひとりランチは今のところ、ここが一番好きだな:按田餃子

d0339885_12555438.jpg

ひとりでは2回行ったんだけど、
夫にもどうしても食べさせたくて一緒にランチ。

按田餃子

まだまだ食べてないメニューが多いので
この日は
一口ラーメンと
麻婆豆腐。
d0339885_12555474.jpg

ラーメンは透明の汁なの!
あっさりしてて好き。

麻婆豆腐は、油を使っていないの!
でも深みのある辛さがたまらないっ。
d0339885_12555498.jpg

きっとまだまだ何度も通うんだろうなー。

夜10時からでもオッケーで助かった♪「ゆう」@代々木上原

d0339885_12555409.jpg

以前、一度行ったのだけど。

夜10時近くになって、
用事が終わった友達とどこに行こうー?
あんまり重いものは食べたくないな、
ちょっとづつ食べたいなって言われたんで

代々木上原の「ゆう」へ。

夜10時からでもオッケーだったので助かった♪

今回は、季節のコースにしてみたよ。
d0339885_12555477.jpg

やはりきれいでおいしくて優しい味で少なめなのが
嬉しいなー。
d0339885_12555472.jpg

d0339885_12555491.jpg

d0339885_12555415.jpg

d0339885_12555468.jpg
(お肉は少なめにしてもらった)

これで3000円台のコースとは驚きだわ、やっぱり。

ごはんも美味しいんだけど、この日は遅かったのでやめておいた。

ほんのり薄暗いカウンターは、女性二人でもカップルでもオススメ。
駅からすぐですよ。

お店の男性お二人もとっても感じがよくてステキです♪