<   2015年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

料理に必要なもの(夫との会話)

d0339885_12550523.jpg

久々の夫との晩御飯。

東京にいると、夫は忙しくって
毎日イベントや会食が入るので
晩御飯を一緒に食べられる日はとても少ない。

昨日は6日ぶりだったかな。

そしてやっぱり夫の料理はとてもおいしい。

私「あーおいしいなあ。どれもこれも全部おいしいなあ」

夫「おいしい料理に必要なのはレシピじゃないんだよ」

私「私への愛?」


夫「・・・・」(ちょっと笑う)

夫「段取りだよ。レシピ通りに作って分量だけ合ってたってだめなんだ」

夫「火から下ろすタイミングとか」


私「火を使わないで、切って混ぜるだけのお料理なら結構作れる」

夫「火を発明する以前の人類みたいだね」

アンチエイジングイタリアンで美味しい野菜やお肉いただきました♪チェントディエチ@代々木上原

d0339885_12550699.jpg

犬の散歩途中に見つけて気になってたお店。

チェントディエチ

安全な食にこだわりのある友達と行ってきたよ。
場所は、代々木上原駅から5分ぐらいかな。
d0339885_12550603.jpg

カウンターメインの木を使った落ち着ける内装。

ここで、シェフのお話を聞きながら食べるの楽しかった~。

シェフの伊藤さんは、1年間で14キロもやせたそう。
昔の写真も見せていただきましたが、別人。
40歳を前にして体の調子もなんだか悪くって
さらにその写真がきっかけになり、食を見直して今の健康的な体になったらしい。
d0339885_12550694.jpg
(14キロやせたシェフとパチリ)

夜のコースは4つあって
私たちがセレクトしたのは
サラダ・魚のカルパッチョ・お肉料理・パスタのコース。

まずはすごく大きなこんもりした野菜サラダ!
これがしっかりとした苦みや歯ごたえも感じる野菜ばかりで
野菜食べてます!って感じで体が喜んでるなー。

そのあとのカルパッチョは
下にひじきとかぼちゃの煮物(?)がひいてあったり
和食テイスト&スプラウトなどいろんな歯ごたえが楽しい。

やっぱりしっかり噛むお料理っていいなあ。

そしてニュージーランド産のサーロイン。
まるでヒレ肉のよう。
放牧で育った美味しい草をたくさん食べた牛。
ギュギュッと噛みしめるたびに美味しさが口の中に広がる。

いま思い出しても「また食べたい~」って思う。

手打ちパスタは、中にお豆腐とか入っていて重くない。

サイトを見ると
農薬や保存料、化学的な添加物、遺伝子組み換えの飼料等を使わずに育てられた
安全で生命力豊かなオーガニック素材を使い
アンチエイジングや、ヒーリングフードの観点から
抗酸化作用、酵素、デトックス等に着目し
血糖値の急激な上昇を抑え
翌日からの体調が向上するような料理の構成を目指すと共に
自分自身が安心して食べる事の出来る食材で
身体に優しい料理をイタリアンベースでコースに仕立てております。


安心して食べられるのはもちろん
これだけおいしいなんて本当にすばらしい~。

ネットから予約できるのも楽チン。

あっ、個室もひとつありましたよ。
4~6人ぐらい入れるかな。

でも二人とかならぜひカウンターに座って
いろいろお料理や食材について
お話聞くと楽しいと思う。

お店はシェフお一人でやってらっしゃいます。

オススメのレストランです。

アルファミュージックライブでかっこいい大人たちを観てきたよ

d0339885_12550614.jpg

アルファミュージックという1969年にスタートした音楽出版社。
そこで最初に契約したのがまだ高校生のユーミン。
それから十数年、もうすごいスターたちが集まっていたのね。
知らなかった・・。

そんな彼らが一堂に介したライブ@オーチャードホール。

いやー本当にすごく贅沢で濃密な4時間でした。
知らない曲も含めて歌声のすごさ&各人のかっこよさにほれぼれ。
雪村いずみさんやブレッド&バターとか声量すごい。

そしてシーナの歌声のないシーナ&ロケッツに、最高にしびれた!
背後にはシーナの大きな映像が映し出され
鮎川誠さんのギターはかっこよくて潔くてロックだった。

若い時のファッションをそのまま引きずると
だんだん似合わなくなると思っていたけれど鮎川さんは別格。
本人がくたびれてなくていつも突っ走っててかっこよければ
そのスタイルは本物なんだなあ。
大好きな「レモンティ」が聴けて嬉しかった。

あと、桑原茂一さんが「こなさん、みんばんわ」って出てきたのも
嬉しい。
スネークマンショーも、アルファレコードだったのね。
もう、大好きな世界で何度聴いたことか。
また聴きたくなった。

ユーミンが「中央フリーウェイ」を歌うバックは
松任谷正隆さん・細野晴臣さん・高橋幸宏さんが演奏っていう
どれだけ贅沢なんだよ!
d0339885_12550622.jpg

あまり昔を懐かしむほうじゃないけど
行ってよかったなあ。
かっこいい大人を観に行くのって、なんかいいね!

牛の角タンブラーを作ったのはウガンダの職人さん♪:エンルー

d0339885_12550640.jpg
(手書きのメッセージもついてきた♪)

ウガンダの職人さんが作った牛の角のタンブラーを買ったよ。

結構、大きくて分厚い。
でかい牛なのね。

でもすごく軽いのと
持った感じが心地いい。

買ったのはenrouというサイトから。

夫が先日、メルマガで紹介した文章

エンルーは、第三世界の人々が作った製品を購入できるマーケットプレイス。
従来のそうしたサービスと異なるのは、
その製品を誰がどのようにして作っているのかということが
かなり細かく紹介されていることです。
これ、けっこうサイトもよくできていて感動するので、
ぜひトップページをご覧になってみてください。
紹介されている製品もけっこうよさげで、
私はあちこち回っているうちについ牛の角でつくったというウィスキーのタンブラーを
買ってしまいました。
75ドル、PayPalで決済できて、インターナショナル配送料が15ドルでした。


底にはマークが入ってる。

遠くの行ったことのない国の人だけど
顔が見えることでなんとなく繋がった感じがして嬉しいな。

ひとり夜外食、だんだん楽しくなってきた

ひとりでお店にふらりと入るとか
数年前なら、ランチも含めて絶対に無理だったけれど
ひとり寿司カウンターからスタートして
ひとりバーもできるようになった。

d0339885_12550653.jpg

本当はひとりでの外食は苦手。

でも東京だと夫が夜の会食やイベントが多く
ひとりごはんの日が続くと
おいしいものを食べた~い!となってきて
頑張ってひとりでお店に行き、
行くたびにちょっと緊張してドキドキして
食べたらサッサと出るというのがいつもの行動パターンだった。

だけど最近、ちょっと夜のひとり外食が楽しくなってきた。

カウンターに座って
自分の好みのものだけを食べて
自分のペースでお酒を飲んで
お店の人とちょっと会話。

ああ、自由だなーっ楽しいなーって思えるようになった。
成長したなあ、私。

時には、お隣の席になったお客さんともちょっと会話したりして
そうしたらまた全然知らない世界のことを知れたりして。

ひとりだからこそ楽しめる時間もあるってことに気がついたところです。

AM6サイト記事:「早起きするクリエイター」として紹介されてます。

d0339885_12550750.png

RE住むRENOVATION×Wab Design INC.×Furuya Design Architect Officeの合同プロジェクト
AM6のサイトでインタビューを受けました。

早起きするクリエイター

旅するように暮らし、描き、生きる。
その先で出会った朝の魅力。


というタイトルで私の暮らしが紹介されています。
なぜ多拠点生活をスタートしたのか
東京できづいた朝の魅力など。

ぜひ読んでくださいませ。

イラストエッセイ「福井おとな日和」7回目:福井新聞社の情報誌「月刊fu」10月号

d0339885_12550721.jpg

4月から
月刊fuで連載中の「福井おとな日和」

今回は、東京から遊びに来てくれた友達との
一泊二日のことを書きました。

まだまだ福井には知らない場所やおいしいお店があると思うけれど
友達にも福井を好きになってほしくってプランを立てました。

日本海が一望できるカフェマーレ
お魚がおいしい割烹よしのり
お気に入りスポットの白山平泉寺
八助(越前おろしそば)
ミルク茶屋(ソフトクリーム)
福井県立恐竜博物館
秋吉(焼き鳥)

私と好みが似ている友達だから
私が好きな場所・おいしいと思ってるお店
全てを気に入ってくれたみたいでうれしかったです。

ぜひ読んでくださいね。

月刊fuは、毎月第4火曜日発行。
発行:福井新聞社

最新号は、福井新聞を購読されているお宅に届けられます。
また、勝木書店・藤田書店(鯖江市)・福井新聞社支社支局・福井新聞販売店で購入できます。

大衆居酒屋って感じも好きです♪お魚がどれもおいしい「魚力」@代々木公園

d0339885_12550725.jpg

こちらも前から気になっていたお店。

明治創業の魚屋さんがやっているの。

魚力

一階はカウンターのみで
二階がテーブル席らしい。

この日は二人だったのでカウンター。

結構、ひとりで来ている仕事帰りの人とかもいた。

さくっと海鮮丼としじみ汁飲んで帰る人とか。

お刺身、これで一人前です。
シャケの塩焼きも分厚くて、中はしっとりの絶妙の焼き加減。

あとね、あさりの酒蒸し!
このスープがまたおいしくて
残しておいたら、白いごはんにこのスープをかけてくれて刻み海苔をパラリ。

これがすごくおいしい!

鯖の味噌煮のスープをごはんにかけてもおいしいんだって。

お店はテレビがついてて
ご家族で経営してる感じがアットホームでいいな。

ここもひとりで来れそうだなあ~。

ランチがとても人気らしいので
また来たい。

おいしい豚肉や自家製ハム♪「坂の上ホタル」@代々木上原

d0339885_12550701.jpg

またまたご近所にすてきなお店見つけちゃったよ。

代々木上原駅すぐの「坂の上ホタル」。

細い階段を上っていくと
にこやかにお出迎えくださいます。

豚半頭を買ってきて、自家製のソーセージやハムを作っているそう。

どれもおいしい!

グリルした野菜もおいしい!

焼きあがったばかりのケーキサクレは香りに誘われて注文。
もちろんおいしい!

カウンター席って大好き。

居心地がとてもいいし、
ひとりでもフラリと来れそうなので
次回はひとりで行ってみる~。

ちょっとドキドキするけどね。

一番通ってる近所のワインバー:おいしい日本のワイン三SUN@代々木公園

d0339885_12550736.jpg

(これがおとこ定食だよ♪)

ここ、一番通ってるのに
気がついたらまだ紹介してなかった。

おいしい日本のワイン三SUN

カウンターだけの小さなお店。

お酒飲めない人はNG。
予約も3人まで。

ほとんどのお客さんは、一人か二人でフラリと来て
おいしいお酒とやさしい味のごはんを食べて
カウンターの中の祐子さんとちょっとお話しして・・・って感じです。

私も最初は夫と一緒に行ったけれど
それからはほとんどひとりで通っています。

福井のアトリエに籠もる日々が続くと
「三SUNに行きたいなあ。祐子さんに会って、おいしいもの食べたいっ」
って思うんですよね。

そう、ここはとってもごはんがおいしいの。

単品もいろいろあるけど、最近お気に入りなのは
「おとこ定食」。

ルクルーゼで炊いた小さな日替わりおむすびがとてもおいしくて
お味噌汁付きなのも嬉しい。

まずは静岡で作られているベアードビールを飲んで
ごはん食べながら、グラスのワインを2杯ぐらい飲むの。

ちょっとそれ以上飲むと、あとで記憶が曖昧なことが多くて危険~。
この間も、危険区域に入ってしまった・・・反省。

でも、こんな素敵なお店が近所にあるって幸せだなあ。
夫ごはんが無いときの救世主♪

これからもよろしくです。