<   2015年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ハフィントンポスト取材記事2)東京、軽井沢、福井に暮らしながら。 イラストレーター松尾たいこさんに聞く、新たな創作と挑戦

d0339885_20180104.jpg
ハフィントンポスト、二回に渡って取材を受けた記事掲載。

後編は

東京、軽井沢、福井に暮らしながら。

イラストレーター松尾たいこさんに聞く、新たな創作と挑戦


目標を立てるのが好きなんです。

「いつかいいものを作ろう」じゃなくて、目標を決めてまずはそこに向かって動く。

そのへんはちゃんとしたアーティストとは違うのかもしれない。

もちろん100点満点はいつも目指しますけど、目標の期間内に、

自分でOKと定めたラインにたどり着ければいいかな、って。


技術的にはまだ下手だし、陶芸家から見たら邪道なやり方をしてるかもしれない。

先月まではそのことに悩んでたのですけど、ふっと気付いたんです。

私、別に陶芸家になりたいわけじゃないんだって。

私は陶芸で自分の表現をしたいだけ。

だから「これ可愛いな。私だったら欲しいな」「ずっと触っていたいな」

と自分で感じられる作品ができたらOKなんですよ。


ぜひ読んでくださいね。



素直な気持ちです♪ハフィントンポスト取材記事1)「32歳のスタートは全然遅すぎなかった」イラストレーター松尾たいこさんが夢を叶えるまで

d0339885_13153423.jpg
掲載から一週間もしないのに
気がつけばfacebook「いいね」が3000超え。

ありがとうございます。

ハフィントンポスト LIFESTYLE JAPANに取材記事掲載されています。

「32歳のスタートは全然遅すぎなかった」
イラストレーター松尾たいこさんが夢を叶えるまで


やはりみなさん、自分はもうなにもできないのでは?とか
遅すぎるのでは?って不安に思っている人って多いんですね。

もちろん私のやり方だけが正解ではないけれど
遅いと思っても後で考えたら
全然遅くなかったじゃん!ってこともあるので
いま考えているならスタートしたほうがいいです。

その時は、がむしゃらなだけではなく
戦略も大事だけど。

今考えれば、32歳なんてまだまだ若いんですよ。
そこから始めて3年かけて失敗したって、35歳で方向転換すればいい。
私は32歳で会社を辞めたことを、1回も1秒も1ミリも後悔したことありません。

絵を描くことを一生嫌いにならないように生きていきたいんです。
だから絵を描く以外のストレスは出来る限り減らしたい。
みんな目先のことだけを見て
「でもそうするとお金が全部自分に入らないでしょ?」ってよく言われるんですけど、
お金で解決できることはなるべくそうしたい。

「私はここにいますよ」っていうのを常に発信して活動していかないと、
忘れられるだろうなという危機感はあります。
今はいろんなSNSがあるから、使えるものはとにかく何でも試してみるし、
いかに忘れられないでもっとファンを増やすかということは常に考えています。



クレアWEB連載エッセイ:「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」軽井沢は、じっくり考える仕事をするのにもってこいの場所

d0339885_22321777.jpg
(軽井沢に住むことになったおかげで、ペーパードライバーも卒業)

CREA WEB の連載エッセイ

松尾たいこの三拠点ミニマルライフ

第4回目は軽井沢での暮らし。

軽井沢は、じっくり考える仕事をするのにもってこいの場所

具体的に軽井沢ではどういう生活を送っているのかを
書いています。

仕事の合間にドライブに行ったりバーベキューをしたりと
東京にいる時よりも時間にも気持ちにも余裕があります。

ぜひ読んでくださいね。


足元暖かそう&履きやすい:MOHIハラコスリッポン

d0339885_12475716.jpg
きれいな毛並みのハラコスリッポン。

MOHIハラコスリッポン

ワインカラーで、暗い色の洋服のアクセントにもなるし
かかとの部分の黒いラインもお気に入り。

なにより履いたり脱いだりがとっても楽チン。

初のスリッポンですが
スニーカーよりヘビロテしてます。

THE MB特注ウィンターバスケットブラックムートン&ペンドルトン

d0339885_12251609.jpg
ずっと憧れてた冬のバスケット。

とうとう手に入れました。

最近、お気に入りのショップ
代々木上原にある
THE MB

ここ、セレクトショップだけど
ヴィンテージやブランドとのコラボなどもあり、
ここ1年ではげしくカジュアル化が進んでいる私のファッションの好みにぴったり。

ここで買ったものいくつかあるけど、それはまた後日紹介。

で、この大人のウィンターバスケットに一目惚れ。

丸いころんとした形が可愛くて
でも持ち手は革でもちやすくて
ブラックムートンがクール。
内側には、赤黒ペンドルトン。

THE MB特注です。
d0339885_12254699.jpg
って言っても、真っ白のモコモコシープスキンやラビットファー付きのものや
カゴも四角い形のがあって悩みまくり。

でもショップのマリコさんたちのアドバイスでこのバスケットに決定。

冬にバスケット持つのって憧れてたけど
あんまりゆるゆるな感じとか甘いのは苦手だったので
この、少しクールさがある感じがとっても好み。

どこから眺めてもかわいい。
使わないときもお部屋に飾って眺めてます♪

いま、バスケットは一番数が多くて充実しているとか。
ぜひ気になる方は、お店へ。

イラスト&フォトエッセイ 第9回 もうすぐ実現!2つの目標。:「月刊fu」福井おとな日和

d0339885_10014329.jpg
ふくいのまちと人とをつなぐローカル・ライフマガジン

月刊fu

毎月第4火曜日発行。
福井新聞に折り込まれて配布されています。

勝木書店、藤田書店(鯖江市)、福井新聞支社支局、販売店でも購入できます。
定価110円(税込)

そこで連載中の「福井おとな日和」

第9回目(早いな〜)は、
「もうすぐ実現!2つの目標。」

「新しい作品を今年中にWEBサイトで販売する」
「年内に小さな展示会を開催する」
という目標をかかげて
5月から福井にアトリエを借りて制作に励んでいました。

その様子や試行錯誤の日々を綴っています。

2つの目標は
周りのフォローのおかげもあって達成できました!(個展はまだ開催前だけど)

11/11〜WEBサイトで販売開始。

松尾たいこ×千年陶画 販売WEBサイト

12/11〜13 東京・谷中で展示会。

12/11(金)〜13(日)千年陶画の個展やります♪

(東京 谷中の韋駄天にて)


福井でのこれまでの成果、ぜひWEBサイトや個展でみてくださいね。



これで洗面所もすっきり♪ソープディッシュをやめて→Provence マルセイユリキッドソープに

d0339885_23231462.jpg
(洗面所がすっきりしたー)

最初は石で作られたソープディッシュに固形石鹸を置いてました。

清潔感があってシンプルで気に入ってたんだけど
ある日裏返したら、黒いカビがー!
我が家の洗面所は湿度が高いのかな・・・。

そして、友達から教えてもらって
スポンジの上に固形石鹸を置いてみました。

これなら石鹸がヌルヌルしてきたら
スポンジをジャバジャバっと洗えばいいなと思ったんだけど
やはり、よーく見ると日に日に黒いカビがー!

ということで、もう諦めて
スプレータイプの石鹸にしました。

Provence マルセイユリキッドソープ

南仏の太陽に育まれた植物性成分を主原料に用い、合成界面活性剤や着色料不使用、
人にも環境にも配慮した、全身にお使いいただける液体石けん(アマゾンより)

洗い上がりはさっぱりしてて
私が選んだバーベナは、レモンっぽい柑橘系の香り。
d0339885_23230228.jpg
グリーンのラベルが爽やかだし
デザインもすっきりとかわいらしいのでお気に入りです。

香りによって、文字色が違うので
インテリアに合わせられるのもいいなあ。




他拠点生活に福井を選んだ理由や生活の様子など話します♪11/29(日)福井県越前町「移住・二地域居住セミナー」

d0339885_22165549.png
いよいよ次の日曜日に開催。

福井 越前町が東京で初めて移住セミナーを行います。

福井で暮らすということ。〜越前町「田舎暮らしセミナー」

日時:11/29(日)16:00〜19:00

場所:ふるさと回帰支援センター

(千代田区有楽町2-10-1東京交通会館5F)→有楽町駅からすぐの場所


私も、ゲストとして

東京と福井の他拠点生活実践者としての体験談をお話しします。


福井は大好きだけれど

実際に住んでみてやはり困ったり悩んだりしたことも。

福井の魅力や生活の様子と合わせて

そんなことも素直にお話ししたいと思います。


無料です。

お申し込みは、こちら


福井生活スタートのきっかけなどはクレアWEBでも連載中。


松尾たいこの三拠点ミニマルライフ
三拠点目となった福井は 新たな作品への挑戦の場所にしました


福井だけでなく、田舎暮らしや他拠点生活に興味がある方、

ぜひいらしてくださいね!



出雲の神在月11/21は神迎え神事11/22〜神在祭♪旅のお供にぜひこの2冊を「出雲で幸せ結び」「古事記ゆる神様100図鑑」

d0339885_14362472.jpg
(私が描いた稲佐の浜。「出雲IZUMOで幸せ結び」(小学館)から)

昨日、出雲出張から戻ってきました。
初日以外はあいにくの天候でしたが、
やはり出雲はなにか特別感があります。

そして明日11/21は、神迎え神事。
国譲り神話の舞台、稲佐の浜で神様たちをお迎えします。
d0339885_14355289.jpg
(昨日、出張最終日、稲佐の浜に夕日を見に行きました。)

11/22〜1週間はたくさんの神様が出雲に集結、
出雲大社西方540mに位置する出雲大社の摂社「上の宮(仮宮)」で、
縁結びや来年の収穫など諸事について神議りが行われます。

ということでこの時期、出雲に行く予定の方も多いのではないでしょうか?

「出雲IZUMOで幸せ結び」には、
出雲大社をはじめとする、神話にまつわる神社を20社以上掲載、
出雲の幸せスポット案内やお土産情報、詳細地図も付いています。
d0339885_14361758.jpg
「古事記ゆる神様100図鑑」には、
出雲大社に祀られている大国主命の他、100人以上の神様を紹介。
この中の神様たちも、11/21〜出雲に集結です。
d0339885_14360222.jpg
出雲の旅のお供にぜひこの2冊、持って行ってくださいね。


クレアWEB連載エッセイ:「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」東京での暮らしは もっとシンプルに便利な場所へ

d0339885_11442371.jpg
クレアWEBの連載エッセイ「松尾たいこの三拠点ミニマルライフ」

第三回目は「東京での暮らしはもっとシンプルに便利な場所へ」

拠点を増やしたことと、健康になったことで
東京の住まいに求めることが変わってきました。

そして引越しを決めたのです。

広さは半分、駅から近い。

そして私の行動パターンもかなり変化しました。

ぜひ読んでくださいね。