不思議なうどん屋さんで食べたことない味だ:やしま

d0339885_12555228.jpg

前から店構えがとても気になっていた。

やしま
d0339885_12555242.jpg

中途半端な時間からお店はオープン。(11時15分)
入り口で食券を買って、カウンターへ。

とてもきびきびとしたお兄さんが席に案内してくださる。

カウンターには、すでにおしぼりと水がズラッと並んでる!

店内も外の雰囲気通りというかそれ以上のすごい感じ。
駄菓子屋さんみたい。
d0339885_12555206.jpg

で、黙々とみなさんお料理中。

私は前もって「食べログ」でチェックしていて
頼んだのは、高菜うどん。
そして、げそ天。

お兄さんに、「麺は少なめで」とお願いした。
麺がとても多いと聞いていたので。

「冷たいのと暖かいのどっちにしますか?」って聞かれて
「冷たいのは汁がないんですか?」って聞いたら
あるって言われたのでそっちにした。

汁が透明だ!
うどんが硬い!
汁が冷たい。
味も薄い。
しかし、美味しい気がする。

げそ天はバリバリしてた。
すごいバリバリするなあ、おせんべいみたいだなあって思って食べ終わったけど
よく考えたら、うどんの中に入れることを前提にしてるんだよね?

夫は、げそげそうどん?とかいうのにしたら
げそ天が山盛りで出てきて
「もう、しばらくはてんぷらを見たくありません」だって。

お隣に一人で来られてた男性は
肉うどんと昆布?を頼んでいた。
どんな味なのかな?昆布をトッピングするのね?

でもふたりで
「なんか癖になる感じだよねえ~」って言いながら
お店を後にしたのだった。
<< 本当にそう思う♪「人と、世間と... 今日のいくらちゃん >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.