福井でのプロジェクトスタートイベント:松尾たいこの「千年陶画」

d0339885_12575585.jpg

(今年の初めにはこんな風な自分を想像できなかった)

いま私は福井で新しいプロジェクトをすすめています。

松尾たいこの「千年陶画」
~ETERNAL HAPPINESS 色あせない幸せ~


今年になってずいぶん福井に通っています。
d0339885_12575501.jpg

陶板に泥絵の具で彩色し、窯で焼き上げた作品。
そうして作ってきた作品たちを、まずは友人達にお披露目するための会を開催したばかり。
12/14(日)渋谷のホテルエマノンにて。

イベント内容は

●福井の工房で制作した作品の展示
 1)2.4m×0.8mの大きな陶板画
 2)25㎝×25㎝の陶板画
 3)2015年イヤープレート

●プロジェクトのイメージ映像の上映
 映像作家 長岡マイルさんに福井で撮影していただいた映像。
 福井や敦賀の美しい自然、そして制作の様子。
 A Illustrator / 2:40 sec

●佐々木俊尚×松尾たいこトークイベント
 私がどうやって作品を作っているのか、
 そして来年に向けてコンパクトな家と多拠点居住という
 これからのライフスタイルを考えていること、
 北陸・福井という土地の魅力についてなど、
 ほぼ夫の理路整然としたトークにリードされてお話ししました。

●福井の空家利用活用リノベーションハウス「朱種」の紹介(北山大志郎×佐々木俊尚)
 制作でお借りしていた敦賀の古民家。
 来年からの福井アトリエ計画にも相談にのっていただいてる、
 福井の空家マッチング事業を推進している北山さんに話していただきました。
 福井ってどこ?なにかいいところあるの?・・・
 ほとんどの方がそんな感じだったと思うけれど、
 気がつけばみなさん北山さんのお話に興味津々。

友人ばかり100人ほどの会は、終始なごやかで笑顔が絶えず、あっという間の二時間。
応援して下さっている方々の
「あたたかくやわらかい空気」に包まれて、緊張ゼロのイベントでした。
d0339885_12575598.jpg

スタートしたばかりのこのプロジェクト。

いずれは越前焼きとのコラボレーションなど視野に入れつつ、
もっと多くの人に観てもらえるプロジェクトに成長させていきたいです。

そしていつかみなさんの日常生活に
私の作品が根付く日が来るといいなあ~と夢は大きく膨らんでいます。

さっそくイベントのことをブログに書いて下さったお二人。

鮮やかな温もり。松尾たいこさんの「千年陶画」プロジェクト

色あせない千年陶画とファーストプライオリティ

うれしい言葉がいっぱい散りばめられています。
<< 夫が作った晩御飯:鶏団子鍋 東京都現代美術館 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.