1日でアートがグンと身近になった♪:CREA×橋本麻里@根津美術館トークイベント

d0339885_13000828.jpg

先日、CREA7月号の発売を記念して開催された
トークイベント「CREA×橋本麻里@根津美術館」に行ってきた。

だって、テーマが「1日でアートがわかる」ですよっ!

ディスカバージャパン!とかいいながらアート史とか全然知らないから
勉強しなくっちゃって思ってた矢先、ナイスタイミング。

お話は60分だったので大急ぎの展開だったけど
どのテーマも興味深かった。

●アートはいつ生まれたのか

三万年前頃から、観て感じる為だけの人工物としてのアートが生まれたとか。
(道具としてのものではなく、象牙で作った置物など)

●アートの楽しい鑑賞方法

自由にみるからスタートして
一つの展覧会を観て、その点を他の展覧会とつなげて線にして
線をどんどんつなげることで面にしていくともっと新しいものが見えてくるそう。

●和と洋のアート史を4つの作品で学ぶ

さすがに無理があったけど、でもとっかかりとしてはとってもおもしろかった!
歴史画の次がいきなりマルセル・デュシャンの「泉」(便器の作品)なのは
笑っちゃった♪
もちろん本当はもっとターニングポイントになる作品は山ほどあるらしいけど
時間の関係上&初心者向けってことで。
今度は、ここだけもっと深く学びたいなあ。

●アートを「観る」から「買う」「使う」へ

アート作品=高い!というイメージがあるけれど
例えば青磁のかけらを使った箸置きなら数千円だったり。
二万円ぐらいでかなりかわいい置物が買えたり。
そういうものを花瓶にしたりアクセサリー入れにしたり。
私もそんなに価値がなくてもいいから
お気に入りのアート作品を日常使いに見つけたいなと思った。

あー楽しかった♪
私、こういうイベントの時って必ず一番前の席に座るの。
だいたい、みんな遠慮(?)して一番前は結構空いてるのだ。
だってせっかくならじっくり聞きたい観たいから。

CREA7月号には私が取材を受けた伊勢特集も載ってます。
<< 古事記のお話あとひとつ 我が家の2匹は安定の可愛さ >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.