江戸時代の技法で今を伝える:本間日呂志さん「NUN湿板肖像写真展」5/18まで

d0339885_13005363.jpg

フォトグラファー本間日呂志さんの新境地、
昨年から取り組んでいる湿板写真。
d0339885_13005352.jpg

そしてその写真を通して本当の「今」を伝えたいと集まったクリエーターたちと
共に立ち上げたプロジェクトがNUN(ヌン)。
d0339885_13005345.jpg

NUN湿板肖像写真展
場所:IKI-BA(粋場)@原宿

一階がバーなのですが
こちらの庭&二階を使って展示。

湿板写真というのは、1851年にイギリスで発明された
コロジオン(感光膜)を塗布した透明のガラス板に
硝酸銀溶液で銀粒子を定着させフィルムをつくる写真技法。
d0339885_13005354.jpg

江戸時代には、坂本龍馬とかを撮った技法。

本間さんのプロフィールや展示会の詳細などはこちらをどーぞ。

5/15(木)のリリースパーティでは
パートナーである ユカさんのパフォーマンス。
小さなピアノとバイオリンの音色に合わせて
キュートにセクシーなダンス。
d0339885_13005387.jpg

そして本間さんがその場で
湿板写真を撮影&現像。

緑の庭の中で、新緑みたいな写真が出来上がり。

二階の展示会場にはたくさんの湿板肖像写真が展示されている。
年齢も性別も国籍もいろいろ。
服装もバラバラだしヌードの人や松葉杖の人も。

写真の中の人たちは、
みんな今の時代を生きている人たちなのに
まるで西部開拓時代や幕末に生きてる人みたいだったり
海賊みたいだったり。

いったい何をしているひとなんだろう?でも魅力的
そう思える写真たち。

私たち夫婦の写真も展示されてた。
嬉しい。
d0339885_13005336.jpg

夫は仁義なき戦い風というかマフィアみたいだし
私はボブヘアーだったので上海の古い写真みたいだなあと思った。

この展示会5/18(日)まで。

オススメの展覧会です。
<< スペインのミネラルウォーター 意外とホットドッグ好き >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.