暮らしの手帖69(4-5月号)暮らしのヒント集から3つ

d0339885_13013010.jpg

いつものように
届いた「暮らしの手帖」の「暮しのヒント集」のページを最初に開く。

ぱっと目に留まってグッと来たのは、この3つ。

時間をわすれるくらいに
夢中になれることを大切にしましょう。
周りの目を気にせず、
とにかくそのことをとことん突き詰めることです。
がんばれ。

最後の「がんばれ」が特にいいな。

実際にはむつかしいのですが、
全肯定という言葉が存在します。
全肯定の目で見れば、
すべてが美しく見えるでしょう。
そういう考え方も知っておきましょう。

この間、友達と、共通の年上の友人の話になった。
常にフラットな視線で相手を受け止め
でもしっかりと自分の意見を持って地に足をつけて生きてる人。
友人が「彼女のことを思い出すと、笑顔の姿しか出てこないんだよねー」。
本当にそうだ。
きっと彼女は全肯定の人なんだな。

とても嫌っている人が、
あるとき困っている自分を助けてくれる、
たった1人の人物かもしれません。
そういうことは大いにありえます。

「絶対そんなことあるはずない」と思いながらも
心に刺さったのだった。
私もどうしても好きになれないというか
大嫌いな人が何人かいて
大人になりきれない自分がいやで
こんな風に思えたら、いやじゃない自分になれるかな、と思う。
<< 新しくできたパン屋さんへ 気になるGUCCIのバンブーバ... >>