人気ブログランキング |

2013年 09月 16日 ( 6 )

夫が語ることってすごいしそれを一番わかる自分でいたい

d0339885_13044971.jpg
うちの夫は真面目なのだ。
常に戦ってるけれど、
実はとても繊細ですべてを受け止めようとしているのだ。

震災の2011.3.11以来、それはさらに増していて。

スルーしちゃえばいいじゃないって思っても
彼はそれを真っ正面から受け止め
さらに戦いを挑み
大きな塀の前で絶望し
でもそれを私には見せずにいる。

私はそれについて意見することもできず
(だって背景もわからず歴史もわからず)
うすぼんやりとしていただけだった。

だけど、今朝から少しだけ悲しそうな夫の表情。
でもその時はかける言葉がみつからなくて「なす田楽っておいしいね!」

そして夕ご飯。

夫がポツリポツリと思っていることやこれからやりたいことを話してくれた。
「もしかしたら誰からも理解されないかもしれない」
そういいながら話してくれた。

私から見たら、
「それってすごいよ!誰も気づいてないよ!」
「もっといっぱいの人に知ってほしい!」
そんなことばかり。

ごはん食べながらいっぱい話をした。

夫が食事の後、何度も
「今日、君と話せてよかった」って言ってた。
とても嬉しい。

でも本当に夫は唯一無二のすごい人で
絶対に伝わる言葉をいっぱい持ってる人なんだよなーっと
改めて思った夜だったのだ。

夫が作った晩ご飯:キムチ焼きそば

d0339885_13044977.jpg

なんか居酒屋風メニュー。

日本酒が
すすんじゃうんだな。

iPhoneから送信

台風去って

d0339885_13044983.jpg

きれいな空が
見える。

iPhoneから送信

ダ・ヴィンチ10月号の旬の本棚で「東京おとな日和」紹介されてる♪

d0339885_13044908.jpg
たまってた雑誌を読もうと
GINZAの次に手に取ったのが

ダ・ヴィンチ10月号

冒頭の「アラーキーの裸ノ顔」には
イラストレーターの宇野亜喜良さん。

うおー、やっぱりセクシーでかっこいいわあ!と思いつつ
ページをパラパラ。

そしたら「旬の本棚」ページの「東京と本」というページに
<東京で生きる私>思い出と暮らしのエッセイの6冊の中に
5月に出した私のエッセイ「東京おとな日和」も紹介されてた♪

知らなかったー。
嬉しいサプライズでした、ありがとうございますっ。

初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。

iTunes 東京おとな日和

Kindle

単行本

夫が作ったブランチ:ナス田楽

d0339885_13045062.jpg

濃くて甘辛な味噌も
たまにはいいねえ。

なんか久しぶりの
おうちごはんな気がする。

iPhoneから送信

川魚や地元の野菜を使った最高のフレンチ:ユカワタン@軽井沢

d0339885_13045022.jpg
うおー。

今まで知らないで損した!
夫と二人で思わず口にした言葉。

ここは星のや軽井沢近くの
ホテルブレストンコートの敷地内にあるユカワタン

気になってはいたものの
軽井沢で借りている家から微妙な距離なので
なんとなく行かないままになっていたの。

だけど私の誕生日を軽井沢で迎えることになったので
行ってみた。

徒歩30分強って感じかなあ。

森の中にユカワタンの看板。
そこからさらに小道を進むとこじんまりとした建物。
d0339885_13045034.jpg

席数もそんなに多くなくて
すべての席が窓に向かっていて
本当に森の中!って感じ。

そしてお料理もサービスもすばらしかった!

地産地消なメニューばかりで
川魚や地元の野菜、地元の牛肉や豚肉を使ったお料理。

運ばれてくるたびに、見たことのない形にびっくりし
食べたことのない味にびっくり。

鮎のコンフィでいきなり「和食?」
d0339885_13045082.jpg

ずらっと並んだアミューズは宇宙みたいできれい。
左から野菜→スープ→魚→肉→デザート風となっているのも楽しい。

長野の野菜の数々。
人参の葉っぱっておいしいねえ!っていうか全部おいしいねえ。
d0339885_13045093.jpg

コーンスープは透明でここは芯から出た出汁だとか。
途中で丸い部分を崩すと濃厚なコーンスープに。
d0339885_13045057.jpg

鮎のブータンノワール。
これが一番好きだったかも。
鮎のお腹の中に、ブータンノワール。
さわやかな苦みがすばらしかったなー。
d0339885_13045000.jpg

ポーションを少なめにしていただいても
最後の子羊とデザートは完食できず、残念。
d0339885_13045006.jpg
(シソの内側がメレンゲでその内側に子羊と卵黄がトロリ♪)

本当においしかっただけに、本当に申し訳ない!!

次回は3皿少ないコースにしようっと。

ワインも3杯とか4杯セットのものがあるのも嬉しい。
お料理に合わせたものを飲めるから。

ということで、ものすごく満足度の高い夜だったのだ。

一年に一度ぐらい来たいなー。

東京も含めてフレンチで、
私の中では5本の指に入るお気に入りのレストランになりました。

ずいぶん前に星のや軽井沢が出来てすぐぐらいに
ホテルブレストンコート内のレストランで食事したことがあって
もちろんその時には「ユカワタン」はなかったんだけど
なんとそちらのシェフがやってらっしゃるんだって。

以前はあまり味の印象がなかったのでびっくり!
すっごい進化だ!すばらしいシェフだわー!って思って調べたら
こちらの浜田統之シェフ
「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」世界第3位に輝いた方なのだった!

サービスのスタッフも多くって完璧で
本当に幸せな時間をありがとうございました。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.